テクノロジー

当社のアイデアがいかにして形となり、人々とつながり、世界中の課題の解決に活用されているのかをご覧ください。

テクノロジー

当社のアイデアがいかにして形となり、人々とつながり、世界中の課題の解決に活用されているのかをご覧ください。

テクノロジー

当社のアイデアがいかにして形となり、人々とつながり、世界中の課題の解決に活用されているのかをご覧ください。

 

  • 用途系技術
    Ac Icon

    音響制御

    不快なノイズ(騒音)は私たちを苛立たせるだけでなく、健康や安全を脅かしかねません。3Mは特殊な不織布や粘弾性ポリマーなどの材料を駆使することで、騒音や振動音を低減する製品を提供しています。

    自動車ではより静かな車室内空間を実現し、コンピューター向けハードディスクドライブでは振動やノイズを軽減してアクセス速度や記録容量を改善しています。

    また、オフィスや工場などさまざまな職場環境のノイズを軽減することで、聴覚を保護し、集中力を高め、コミュニケーションをより円滑にしています。


    Di Icon

    ディスプレイ

    3Mのディスプレイ材料は光の伝播と反射をコントロールします。多層膜、レンズ、高精細表面における当社の専門技術を組み合わせることによって、携帯端末の液晶ディスプレイから液晶モニター、テレビ、さらにはスクリーンに投影される巨大な画像に至るまで、多くの電子ディスプレイの明瞭さ、耐久性を向上し、輝度を上昇させることができます。

    これらの材料はノートパソコンやスマートフォンや銀行の現金自動預払機(ATM)の液晶画面などのぞき見防止用途としても使われています。


    Ec Icon

    エネルギーコンポーネント

    エネルギーを作り出し保存する新しい方法が世界中で模索されている中、3Mはその期待に応えようとしています。

    燃料電池用の部材、特にコストパフォーマンスに優れた薄膜電極アセンブリーの設計、製造については、3Mは先進性が高い製品を提供しています。またリチウムイオン電池用の材料開発にも積極的に取り組んでいます。

    太陽電池産業においては、バリアフィルムやフレネル集光レンズを含む先端技術を開発し、接着力が高い導電箔テープ等の製品を提供しています。


    Fs Icon

    ろ過、分離、浄化

    薬品、食品、及び特殊化学製品の製造には、最高純度の部材が必要です。他の産業も含めてこのような厳格な要求に応えるために、3Mは液体及びガスの濾過・分離用途に、帯電、多孔質膜、活性炭、不織布などの技術を応用した多くの製品を提供しています。

    これらの高度な技術は、個人向け呼吸保護具やマスク、一般家庭用や自動車用エアフィルター、家庭用浄水器といった3M製品にも応用されています。


    Fc Icon

    フレキシブルな加工と包装

    フィルム、研磨材、テープ等、3Mの製品の多くは、製造の最終工程で、お客様が希望する特定の形状やサイズに仕上げます。

    製品をどのように切断し、成形し、仕上げるかを迅速かつ適切に判断することで、安定した品質を保ちながら効率的にカスタマイズすることが可能となります。

    最終的な包装形態についても、お客様のブランド戦略に合わせて柔軟に対応することが可能です。


    Fe Icon

    フレキシブルエレクトロニクス

    独自に開発した先端材料や製造技術を用いて、3Mは柔軟なポリマーフィルム上に電子回路の形成することを実現しました。

    インクジェットプリンタ用カートリッジは、低コスト、軽量、かつ折り曲げ可能なこの電子回路が早期に採用された用途の一つです。

    今日ではハードディスクドライブ、医療診断機器、大型フラットパネルディスプレイなど、信頼性と柔軟性が求められる用途で使用されています。


    Im Icon

    画像処理

    3Mは画像形成技術を応用した画像送信用サーモファックスマシンを世界で初めて開発するなど、ビジュアルコミュニケーションを得意としています。

    ビルの壁を覆うほどの大きなデジタルプリントを世界で初めて実現し、屋内外の広告手法に大きな変革をもたらしました。また、多層光学フィルムの発明によって、明るく鮮明な電子ディスプレイや偽造されにくいセキュリティマークが開発されています。

    過酷な条件下でも本来の鮮明な色が持続するように、3Mはインクと顔料技術の改良を続けています。このような数十年にわたる印刷技術とデジタル技術の経験を活かすことで、高機能フィルム、印刷用インク、印刷用ソフトウェア、電子ディスプレイ、標識、広告サインなどの分野で洗練されたソリューションを提供し続けています。


    Lm Icon

    ライトマネジメント

    3Mのライトマネジメント技術は先端材料の熟知から生れていまます。

    先端材料を使った数百層からなる薄いフィルムや、高精細表面技術で微細な表面構造を持ったフィルム、さらに他の技術により、3Mは光を駆使し、日ごろ目にする製品を生まれ変わらせます。

    例えば標識はさらに明るくなり、読みやすくなりました。セキュリティマーキングで普通の状態では見えない文字やしるしが書類から浮き上がって見えます。電子ディスプレイはより少ない消費電力で、一層明るく色鮮やかになります。


    Mf Icon

    メカニカルファスナー

    3Mのメカニカルファスナーを使えば、取り付け・取り外しを何度でも繰り返すことができます。

    これを可能にしているのは、高精細表面、高分子加工、接着・接合、不織布を含むユニークな技術の組み合わせで得られる、耐久性の高い特殊表面構造です。

    取り付け・取り外しが可能なファスナーは、乳幼児用や高齢者向けの紙おむつから、ものづくりの現場に欠かせない研磨材まで、さまざまな製品を一変させました。また、スポーツ用品や電気製品、輸送、医療の現場でも利用されています。


    Op Icon

    オプティカルコミュニケーション

    ビデオオンデマンドに代表されるオンラインサービスの成長に伴い、高速かつ大量のデータ伝送の必要性が急速に高まっています。

    材料科学や精密加工技術を活かして開発された3Mの光ファイバー向けコネクタは、サービスプロバイダーがネットワークを構築、維持、管理し、スピードと信頼性に対するお客様の期待に応えることに役立っています。

    また、3Mの優れたオプトエレクトロニクス技術は、ディスプレイ部材やフレキシブルエレクトロニクス、あるいは医療、セキュリティなどの分野のセンサーにも応用されています。


    Po Icon

    多孔質材料

    多孔質材やメンブラン(薄膜)は、呼吸保護具、フィルター、燃料電池、医療用途のドラッグデリバリー製剤、創傷被覆材(ドレッシング材)などの3M製品に使用されています。

    3Mは用途に合わせたサイズやピッチの微細孔を持つ多孔質フィルムや多孔質材料を製造し、また、微粒子を捕捉できるような化学的改質も行っています。

    今日では、これらの3Mの技術により、空気や液体を適正な速度で確実に透過させながら、米粒大の粒子、あるいはナノクラスの分子の透過を妨げることも可能です。


    Tt Icon

    トラック&トレース

    RFID(Radio Frequency IDentification)は、アイテムの動きや状態を監視できる、非常に信頼性、価値、汎用性が高い技術です。 この電波による個体識別技術を利用した開発は、図書館貸出返却装置からスタートしました。

    今日では、医薬品の出荷、航空エンジンの整備、組織標本、弁護士事務所や病院でのファイルなど、さまざまな分野で利用されています。ソフトとハードの絶え間ない進化により、3MのRFIDは、盗難や損失によるコストを削減するのと同時に、生産性の向上に貢献しています。

  • バイオ系技術
    Bi Icon

    バイオテクノロジー

    3Mは材料科学や表面処理技術、フィルター技術、バイオロジー(生物科学)の強みを活かし、これらの技術を組み合わせながら健康に貢献する製品を開発しています。

    こうして開発された製品には、耐久性に優れた歯科修復材、生体適合性の高い医療用テープや創傷被覆材(ドレッシング材)、ドラッグデリバリー用の素材と製剤、酵素洗浄剤、滅菌インジケーターなどがあります。


    Dd Icon

    ドラッグデリバリー

    医薬品は生命力を高め、また、生命を救うこともあります。そのためには、正確な量が、正確な時間に、正確な場所に投与されることがとても大切です。

    3Mは、薬剤を気道に供給する定量噴霧製剤や経皮吸収製剤開発のパイオニアです。

    現在の高い製剤技術やドラッグデリバリー技術には、長年にわたる薬事、品質保証、及び精密製造の経験が活かされています。


    Md Icon

    医療データマネジメント

    先進的なソフトウェアとコンサルティング業務を通じて、3Mは世界中の6,000以上の医療機関において健康管理データの取得と分類、資源の配分、法規制の遵守、収支管理などを支援し、医療の質の向上に寄与しています。

    このようなソリューションを提供することによって医療機関のコストを大幅に抑制し、世界中の政府や医療行政機関などのコスト管理を支援し、地域や国レベルでの健康管理システムの経営改善に貢献します。


    Mi Icon

    微生物の検出と制御

    危険な微生物との戦いの最前線でも3Mの技術は活躍しています。特殊材料、コーティング、ナノテクノロジー、信号処理、高精細表面といった技術で培った高度な知識を駆使して、病原体その他の微生物を検出、同定、定量化する、高速で使いやすい多くのシステムを開発してきました。

    これらのシステムは病院、臨床検査センター、診療所、食品加工・調理施設などで使用されています。 3Mはまた、遺伝子マーカーに基づいて微生物を検出し同定する技術も開発しています。


    Se Icon

    センサー

    新生児の心臓の微かな鼓動、ワクチンの効能を壊す致命的な温度変化、嚢胞(のうほう)性繊維症用の遺伝子マーカー――3Mの技術を利用したセンサーを使えば、これらに限定されることなく他の兆候も検出することができます。

    3Mのセンサー技術は、広範な刺激、例えば熱、光、圧力、無線や化学的、生物学的信号などに対応しています。センサーの用途も、減菌確認用試験片のように単独で使う低コストのインディケーターから、最新の自動診断装置に至るまで多岐にわたります。


    Wo Icon

    創傷ケア

    事故による皮膚損傷、あるいは手術や静脈注射による皮膚の侵襲(しんしゅう)によって、時には有害な感染症にかかる危険性があります。

    先進的な粘着剤やフィルム、不織布を始め、特殊な材料が使用されています。吸収材、フィルムタイプの創傷被覆材(ドレッシング材)、医療用テープ、手術用ドレープ、スキンケア製品や洗浄剤など、3Mの医療用製品は、外部からの感染を防いだり、さらに創傷の治癒を促進するなどの機能を備えています。

  • 素材技術
    Ab Icon

    研磨材

    3Mは研磨材メーカーとしてスタートしました。その後100年以上にわたって、3Mの他のビジネスで開発された画期的な技術によってビジネスの起源である研磨材製品に磨きをかけ続けてきました。

    3Mの研磨材は砥粒の接着やコーティングのような伝統的な強みにとどまらず、高精細表面加工からセラミック材料、不織布といった最先端の技術の上に成り立っています。そのため、3Mの研磨材製品は、作業性が良く高精度に研磨できるという評価を得ています。


    Ad Icon

    接着・接合

    建物自体の寿命が来るまで、パネルなどの建築材を接着、保持できるほど強力な接着剤から子供でもはがせる優しい接着剤まで―― 3Mの接着剤は、用途に合うように適切に設計されており、飛行機から自動車、携帯電話、さらには医療用途の創傷被覆材(ドレッシング材)などさまざまな製品に使用されています。

    特に硬化型接着剤、エポキシ系接着剤、さらに90年以上も前に3Mが発明した粘着テープにおいて優れた技術を誇ります。


    Am Icon

    先端材料

    3Mの科学者がお客様の問題解決にのぞむ時には、ポリマー、複合材料、セラミック、フッ素系材料、ナノ材料といった、一連の先端材料、特殊素材を活用します。

    3Mでは、新しい材料の開発や革新的な改良を常に行い、新製品開発に利用できる先端材料の選択肢を増やしています。また、これらの新素材から実用的な新製品を創出することを重視しています。


    Ce Icon

    セラミック

    3Mは鉱石をサンドペーパーに変えることからビジネスを始めました。以来、100年以上にわたって、無機セラミックから驚くほど幅広い製品群を開発し続けています。

    屋根を保護する頑丈かつ微小な球体、 銀行の現金自動預払機(ATM)に使われているタッチパネル、審美性に優れた歯科材料、硬度の非常に高い研磨砥粒、雨に塗れた高速道路でも車線をはっきり示す路面標示材のガラスビーズ、送電線に組み込まれたとても強力な繊維――これらは全て、長期にわたる無機セラミックの研究で開発された製品です。


    Do Icon

    歯科材料・歯科矯正用材料

    1964年、3Mは歯の色調修復材を初めて販売しました。審美性を求める患者の方々の要望と、耐久性が高い歯科材料を求める歯科医の要望に応える画期的な素材でした。

    これを皮切りに、化学、生物、セラミック、デジタル技術の発展を活用して、コンポジットレジン、接着材、印象材、歯科矯正材等を含む歯科材料の分野で世界的なリーダーの役割を担い続けています。

    3Mは、口の中で素早くかつ簡単に硬化する高粘度修復材や、歯型を正確に取る印象技術を実用化したパイオニアでもあります。


    Em Icon

    エレクトロニクス素材

    半導体、コネクタ、データストレージ、ディスプレイなどの電気・電子部品の技術的進展には、これらの構成材料である有機・無機物、金属材料の技術革新が欠かせません。

    3Mは、フッ素系化合物、接着剤、研磨材、メンブレン(薄膜)、電極、電解質等の技術革新を進めることにより、最新の電気・電子機器を構成する電子材料の機能や生産効率の向上に貢献しています。


    Fi Icon

    フィルム

    3Mが開発したフィルムは、さまざまな用途に使われています。

    液晶ディスプレイの輝度を上昇させるフィルムがある一方で、窓から差し込む太陽光を遮るフィルムもあります。飛行機の特別な装飾を実現するグラフィックフィルムや、落書きを防止するフィルムもあります。

    とかく地味な用途の単層フィルムもあれば、ある特定の波長だけを透過、あるいは反射するように設計された数百層からなるフィルムもあります。また、酸素や湿気の高遮断機能を有するフィルムは、次世代の電子ディスプレイには欠かせません。


    Fl Icon

    フッ素化学

    3Mのフッ素化学製品は、広範なコーティング製品の活性剤として使用されています。また熱媒体や、高性能塗料及びコーティング剤の流動性を改善する界面活性剤としても使用されています。

    優れた耐熱性と耐薬品性を備えているフッ素系ポリマーは、非常に過酷な環境下で使用される多くの製品や機器に対して理想的な素材といえます。電線の被覆、シール材、ガスケット、非粘着性コーティング、燃料ホースの内張りなど、重要かつ高い性能が求められる用途で使用されています。


    Me Icon

    メタル複合材料

    アルミ合金にセラミック繊維又はセラミック粒子を高密度で充填することにより、3Mは高強度と剛性を備える軽量な複合材料と複合製品を開発しました。

    3Mがこの技術をはじめて実用化したのは強度が高い架空電線で、同一サイズの従来型送電線に比べて2倍以上の電力を送ることができます。さらに建築用途や機械用途を含む多岐にわたる用途を想定した製品や部材の開発も継続して行なっています。


    Nt Icon

    ナノテクノロジー

    3Mは、さまざまな材料が独自に持つ物理的、化学的、生物学的特性を示すナノレベルという新しい世界を探求し続けています。

    すでに、歯科修復材や液晶ディスプレイ用の輝度上昇フィルムにはナノテクノロジーが活用されています。今では接着・接合やコーティングを含む3Mのテクノロジープラットフォームの多くが、ナノテクノロジーの影響を受けています。


    Nw Icon

    不織布

    3Mは半世紀にわたり、また今でも不織布材料の用途開発を推進しています。

    不織布を使うことにより、患者にとって快適な医療テープができました。不織布により研磨材の耐久性が改善され、より一層使いやすくなりました。また、車の騒音を抑えたり、衣料の防寒機能の向上も実現しています。

    先端材料や洗練された製造技術で培った専門知識により、医療用製品、コンシューマー製品、重工業の分野で不織布を使った新しいビジネスが生まれています。


    Sm Icon

    スペシャリティマテリアル

    3Mは、少量で効果を発揮し高い付加価値を有する材料の開発や改質を得意としています。これらには特殊な添加剤や化学品があり、触媒、表面保護用樹脂、光硬化剤、界面活性剤、微小球体、グラスバブルズ、イージークリーンコーティング、バッテリー用電解質、潤滑油があります。

    さらに航空宇宙産業、石油精製、金属加工、その他の産業で用いられるセラミック繊維や複合材料も開発しているほか、ユニークな材料として高強度かつ軽量の金属をベースとした複合材料の研究開発も進めています。

  • 加工技術
    Mr Icon

    高精細表面

    3Mは極小で精密な構造の用途を開拓しました。これを使うことで多くの材料に新しい物理特性、化学特性、光学特性を付加してきました。たとえばマイクロレベルで複製されたプリズムは高い集光機能や光反射機能をもち、電子ディスプレイ、建物の外部照明、道路標識等に使用されています。

    また高精細表面技術を利用することで微小なピラミッド構造を表面に構築した研磨材では、研磨能力や研磨精度が著しく高くなっています。

    さらに表面に微細な溝を形成することで、毛細管現象によって液体の搬送をコントロールできるようになります。これは生物医学製品への展開の可能性を大いに秘めていると言えます。


    Mo Icon

    成形加工

    3Mでは、精密な光学レンズや複雑な形状を先進的な成形技術を用いて実現しています。また、高精細な表面形状を形成することにより、三次元構造の表面形状を持つ研磨材、輝度上昇フィルム、セキュリティフィルム等の製品を作り出してきました。これらの製品は極めて高い加工精度を要します。

    3Mは金型設計、プロセス計測、熱可塑性材料や熱硬化性材料の加工に必要な熱管理技術など、成形加工を支える多くの技術についても、非常に高度な開発をしてきました。


    Pd Icon

    微粒子分散プロセス

    3Mは、固体やフィルム、液体中で微粒子を生成、分散させることを得意とし、これにより、研磨材、歯科修復材、インク、ウィンドウフィルム、光学フィルム等の多くの製品にユニークな特性を付与しています。

    同時に、物理的、化学的な界面相互作用を熟知していることから、精密に分散した微粒子や、ガラスビーズ、カーボン、金属、金属酸化物などのナノ素材を各種材料に添加し、強度、屈折率、導電率、赤外線吸収力、触媒作用等の特性をコントロールしています。


    Pm Icon

    ポリマーメルトプロセス

    数十年にわたって3Mはポリマーを開発し、押し出し成形、コーティング、その他のプロセス技術を駆使することで、さまざまな材料や製品に転化してきました。

    3Mのテクノロジープラットフォームの多くは、優れたポリマー加工技術の上に成り立っています。特にヘルスケア、エレクトロニクス、ディスプレイ、グラフィックスの各分野では、高度なポリマー加工技術が活かされています。


    Pp Icon

    精密な製造と加工

    かつて大量生産といえば、出来栄えが大きくバラつくことを意味した時代もありました。 しかしコーティング、乾燥、ウェブハンドリングなどの技術が進歩した今日、もはやそのようなことはありません。

    3Mは経済効率の高い「ロール・ツー・ロールの製造方式」に、精密に制御されたプロセスを組み合わせて生産設備を設計しています。この結果、環境パフォーマンスは継続的に改善し、製品のばらつきはますます小さくなりました。例えば、ある表面構造の許容誤差は光の波長の半分ほどになりました。


    Pe Icon

    予測工学とモデリング

    3Mは、精巧なコンピューターモデリングやシミュレーション技術を駆使することで、いまだ実現していない材料の特性を予測したり、より優れた製造プロセスの開発を促進することができます。

    これらバーチャルな実験によって、電子ディスプレイ、フレキシブルサーキット、RFID関連など価値ある新製品開発のスピードアップを可能にしています。


    Rp Icon

    放射線加工

    多くの3Mの製品に使用されている材料は、放射線処理によって引き起こされる硬化、凝固、架橋、重合などの化学反応によって、改質または機能強化されています。

    3Mでは紫外線や電子ビーム、高速レーザーパルス、コロナ、火炎などの技術を使うことにより、三次元構造の研磨材や微小なパターンを形成した輝度上昇フィルムを開発し、セキュリティラベルに意匠を表現し、反射材にユニークな表面特性を実現するなど、多くの製品に各種の特性を付与しています。


    Su Icon

    表面処理

    3Mは、他のどの企業にも増して物の表面を徹底的に調べます。また高精細表面技術を駆使してユニークな表面を作り出しています。さらにコロナ、熱、蒸着処理によって、フィルムやウェブの表面を改質しています。

    これらの精巧な表面処理により、素材の濡れ性や接着性を改善したり、硬度を変えたり、反射率を向上したり、あるいは全く新しい特性を作り出すことができます。


    Vp Icon

    蒸着

    製品の重要な特性は、多くの場合、金属や酸化物またはポリマーを使用した精密コーティングにより発現します。

    数十年の経験により、3Mはコーティング技術のひとつである蒸着技術を洗練し、いわば芸術の域にまで高めました。その結果多くの3M製品にユニークな特性、例えば耐久性、光反射性、バリア特性、化学特性等を付与することが可能となりました。

  • ソフトウェア・分析・制御技術
    We Icon

    促進耐候性

    3Mの製品の多くは屋外での使用を基本として設計されています。標識や看板などは、厳しい条件下で長年屋外に設置された後も確実に機能するように作られています。

    このような高水準の性能を確実なものにするために、強い太陽光、厳しい暑さや寒さ、湿度など、世界中の屋外で観測される条件を再現する技術を開発しました。

    3Mは実際の屋外暴露と促進暴露を組み合わせることによって、最も厳しい環境条件で必要とされる性能を解析し、これに耐える製品を開発することに自信を持っています。


    An Icon

    分析

    全くの新技術というものは、お客様の課題に対するソリューションを生み出すと同時に、技術者の頭の中に多くの質問を想起させます。

    これは何だろう?どのように機能するのだろう?改善できるだろうか?―― これらを解明するために、3Mは材料やプロセスを評価し、特性を解析し、解明を進めることに比類なき能力を開発し続けてきました。

    3Mは世界中にあるリソースを利用して、コンセプトから商品化、製造にいたる製品開発すべてのフェーズを通じて、この科学的分析の強みを活用しています。


    As Icon

    アプリケーションソフトウェア

    アプリケーションソフトウェアは、空気ろ過から医療記録をトラッキングできるRFID技術まで、多岐にわたる3Mの数々のイノベーションを制御、監視し、実用化しています。

    ソフトウェアは、オンライン上で、あるいはパソコンやモバイルデバイスで機能します。また電子機器やシステムに組み込んで使用することも出来ます。

    3Mは最先端のツールと技術を駆使して、堅牢で安全かつ使いやすいアプリケーションソフトウェアを開発しています。


    Es Icon

    エレクトロニクスとソフトウェア

    3Mでは、競争力があるエレクトロニクスおよびソフトウェアに関する技術を培ってきました。

    今日、3M™ リットマン® 電子聴診器や歯科向けの口腔内スキャナー、パスポートリーダーなど、3Mのエレクトロニクス技術を活用した製品が数多くあります。

    また3Mの先進的なソフトウェア技術は数学やコンピュータサイエンスに基づいた”スマート”アルゴリズムを提供し、これらの電子デバイスに”知能(脳)”を付加することにより高付加価値な製品を実現しています。

    マテリアル、プロセス、エンジニアリングといった3Mの先進技術と、エレクトロニクスとソフトウェアの技術を融合することで、3Mはスマートマテリアル、スマートデバイス、スマートシステムを構築するパワフルなプラットフォームを提供します。


    In Icon

    検査と計測

    3Mの製品は非常に高い精度で、ときには光の波長以下の精度で加工が行われています。そのため品質検査においても同じ精度のツールが必要となります。

    可視光線、赤外線、紫外線を用いた検出システムや計測ゲージをはじめとして、強度、色、反射率、厚み等の物性を測定する独自の計測器を開発してきました。これらの物性値を正確かつ高速に測定、管理することによって、常に最適な条件で製造を行い、お客様が要求する仕様に適した製品を作り出し続けています。


    Is Icon

    システムデザイン

    複雑なシステムを構築するためには、総合的なエンジニアリング能力が必要です。3Mはソフトウェア、電子及び機械の専門知識に加えて、予測工学、人間工学、工業デザインなどの技術をフル活用することにより、優れた機能を発揮するシステムを開発しています。

    その結果、機能性だけではなくデザインにも優れた製品が生み出されています。例えば、シンプルなものではテープディスペンサーや研磨機器が、複雑なものでは図書館用の貸出しの効率化やセキュリティを実現するライブラリーシステムがその代表例です。


    Is Icon

    プロセス設計と管理

    精密で一貫性があり、コスト競争力が高く、安全なプロセス――このような精巧な製造技術を求める声がしだいに大きくなっています。

    最も要求が厳しい連続プロセス、特にウェブハンドリング、コーティング、乾燥の設計とオペレーションにおいて、3Mは特に強みを持っています。

    3Mの高いプロセス技術は、予測工学とモデリング、プロセスの検知とフィードバックシステム、化学、機械、電気工学での数十年にわたる経験の産物です。その成果は、3Mの製品を見ても、また各地域のお客様の要求に合わせて行う迅速な製品改良からも明らかです。

Follow Us
当サイト上に掲載されている3Mの製品またはサービスの名称等は、3Mの商標または登録商標です。