1. 3M™ ベアーハガー™ ペーシェントウォーミングシステム
webLoaded = "false" Loadclientside=No
あたたかさの質にこだわって
webLoaded = "false" Loadclientside=No

3M™ ベアーハガー™ ペーシェントウォーミングシステムは、21種類におよぶブランケット製品をもち、全世界で3億人以上の患者の加温にご使用いただいています。

webLoaded = "false"
  • 麻酔下の患者は体温調節ができません

    麻酔に対する身体の生理学的反応は、年齢や性別、または健康状態にかかわらず、あらゆる手術患者に偶発的低体温のリスクをもたらします。研究によると、核心温は麻酔導入後急速に低下します。(最初の1時間だけで最大1.6℃)偶発的低体温は、死亡率の上昇や入院日数の延長、および手術部位感染率の上昇に大きく影響し、医療費の増大をもたらします。

  • 全身麻酔により誘発される低体温の特徴的パターン
webLoaded = "false"

偶発的低体温は簡単に予防できます

研究によると、核心温を36.0℃以上に維持するよう患者を加温すると、偶発的低体温時に一般的に見られる合併症の発生率を低減することが明らかにされています。温風式加温は、偶発的低体温とその合併症予防にとって安全かつ簡単、そして費用対効果に優れた方法です。世界の多くの医療従事者に対して、体温管理の勧告またはガイドラインが発表されています。これらは正常体温維持の重要性を強調するだけでなく、温風式加温を推奨方法として認めています。


webLoaded = "false"

Follow Us
地域を変更する
日本 - 日本語