1. 日本
  2. エレクトロニクス
  3. 通信インフラ
  4. プラスチック、複合材料、パーツ
通信インフラ
銅張積層板(CCL)向け3M低誘電材料ソリューション

5Gミリ波ネットワーク インフラ用のプラスチック、複合材料、パーツ

お問い合わせはこちら

5Gアンテナに関するソリューション

5G通信インフラの大部分は、低誘電損失材料の性能に影響を受けます。3Mは、次世代のミリ波5G通信に向けて、耐久性を持ち、軽量なプラスチック材料や複合材料の製造するためのノウハウなど、材料やその配合設計に関して、数十年の経験を持っています。

3Mのソリューションは、5Gのコンポーネントのパフォーマンスを最適化するのに役立ちます。3Mの様々なフッ素樹脂は、コネクタ、手のひらサイズのハウジング、AiPなどの小型デバイス、そしてアンテナボックスレドームなどに使用される複合材料に使用することができます。3Mの添加剤および機能性フィラーは、高価な樹脂の一部を代替し、成形サイクル時間を短縮し、成形品のスループットを向上させることができます。また、電気絶縁性や高い熱伝導率などの厳しい基準を満たすためにも使用されています。

5Gの信号強度や、他にも数多くのものを最適化する

  • PTFEパウダー
    高速で鮮明な5Gミリ波

    3Mのフッ素ポリマーを5G向けのプラスチックや複合材料に使用すると、他のポリマーや添加剤と比較して、通信速度が向上し、信号伝送損失が低減、SN比の改善が可能になります。5G向けの材料としては、ポリテトラフルオロエチレン(PTFE)、フッ素化エチレンプロピレン(FEP)、ペルフルオロアルコキシアルカン(PFA)があります。これらは優れたプラスチック部品用の材料であり、DkとDfを制御する優れた低誘電材料特性、低い水分率、および耐UV性や耐候性を有しています。

  • 3M™ ネクステル™ セラミックファイバー
    美観

    3M™ ネクステル™ セラミックファイバーは、高弾性の炭素繊維よりも優れた外観、感触、剛性とRF透過性を備えています。一般消費者向けの電子機器の筐体、フレームやカバーガラスのサポートに適しています。金属のような機械的特性を、CNC金属や一体型セラミックの製造に比べて、より効率的に実現できます。また、5Gミリ波通信に必要な低Df、電気絶縁性およびRF透過性を維持できます。

  • 3M Nextelセラミックファイバー織り
    プラスチックおよび複合材料の熱対策

    エポキシ、ポリカーボネート(PC)、フッ素樹脂、シリコーンなどの樹脂で、高い熱伝導性や低伝搬遅延の要求を満たす必要があるプラスチックや複合材料に、3M™ 窒化ホウ素クーリングフィラー(BNCF)を添加することで、大きな違いが生まれます。例えば、PCおよびフッ素ポリマーに3M™ 窒化ホウ素クーリングフィラーを添加すると、他の熱伝導フィラーを使用した場合と比較して接着性が向上します。3M™ 窒化ホウ素クーリングフィラーは、5Gコンポーネントの熱伝導率を高め、RF吸収特性をコントロールすることができます。3M™ 窒化ホウ素クーリングフィラーを添加した材料は、低Dk、Dfなどの優れた低誘電損失特性を持ち、5Gミリ波の信号強度とデータの完全性の維持に貢献します。


  • 3M™ グラスバブルズを使用したアプリケーションイメージ

    5Gミリ波の信号伝送の向上と軽量化

    基地局をはじめとする5Gの通信アセンブリの実装が進む中、すべての部材で材料の軽量化が求められています。低伝搬損失プラスチックや複合材料向けの3Mソリューションの一つに、最新の3M™ グラスバブルズが含まれます。この微小中空球は、押し出し成型や射出成型プロセスに耐える非常に高い耐圧強度を特徴としています。3M™ グラスバブルズは、5G向けの複合材料に混合されることで、高価な樹脂の材料費が削減され、部品重量も15%から40%削減されます。5G用の3M™ グラスバブルズには、次のような特性もあります。

    • 樹脂冷却時間の減少によるサイクルタイムの短縮、生産の高速化、成形品のスループットの向上
    • 液晶ポリマー(LCP)などの材料に対しても、寸法安定性の向上と成形品内の反りの防止
    • 水分率が低く、コントロールされた材料品質
    • カバーや塗料などのコーティングにおいて優れた外観を実現
5Gタワーの前で携帯電話を持っている人
お問い合わせください

3Mが5G通信の未来を創造するのにどのように役立つかをご覧ください。

お問い合わせはこちら