webLoaded = "false"
webLoaded = "false" Loadclientside=No
webLoaded = "false"
  • 中村寛海先生略歴
    大阪市立大学 生活科学部 食品栄養科学科卒業後、国立公衆衛生院(専攻課程:保健コース)、大阪市立大学大学院 生活科学科学研究科(博士課程)、大阪市立環境科学研究所 保健疫学課 研究員などを経て、2017年より現職。


webLoaded = "false"
  •      欧米ではレディ・トゥ・イート食品(以下、「RTE食品」という)(※1)の喫食によるリステリア食中毒は、食品企業を悩ませる重大な問題の一つとして認識されています。海外に目を向けると、しばしばリステリア食中毒の集団感染が起きており、死者が出ることもあります(※2)。2018年2月に南アフリカでリステリア食中毒が発生し、過去最大規模の200人以上の死者が出た事例が記憶に新しいと思います。しかしながら、日本ではリステリア症や、その原因となるリステリア・モノサイトゲネス(Listeria monocytogenes、以下LMという)に対する認知度は低いといわざるを得ない状況にあります。厚生労働省の食中毒統計ではLMによる食中毒が報告されたことはありませんが、その一方で食品安全委員会の評価書(※2)によるとリステリア感染症の患者数は年間200人と推定されています。
         近年、日本では共働き世帯の増加などを背景に、手軽で扱いやすいRTE食品や中食の需要が高まっています。RTE食品を取り扱う施設では、リステリア食中毒のリスクを軽視することはできないと考えられます。一方で、LMは「低温で増殖する」「バイオフィルムを形成する」「環境中の至るところに潜んでいる」などの特性を有することから、食品取扱い現場での対策や管理が難しいという側面もあります。
         そこで、今回は長きにわたりLMに関する調査・研究に携わってこられた大阪健康安全基盤研究所(※3)の中村寛海先生に、リステリア食中毒を取り巻く問題の本質や、食品現場における対策、検査の考え方などを伺いました。

     

    ※1 レディ・トゥ・イート食品(Ready-to-eat foods、RTE食品)=消費者が加熱調理をせずに、そのまま喫食する食品
    ※2 微生物・ウイルス評価書 食品中のリステリア・モノサイトゲネス 食品安全委員会(2013年5月)
    http://www.fsc.go.jp/fsciis/evaluationDocument/show/kya20120116331
    ※3 大阪健康安全基盤研究所=大阪府立公衆衛生研究所と大阪市立環境科学研究所の統合により組織された地方独立行政法人(2017年4月1日発足)

      

    次のページへ

webLoaded = "false" Loadclientside=No
Follow Us
地域を変更する
日本 - 日本語