webLoaded = "false" Loadclientside=No

webLoaded = "false" Loadclientside=No

3M™ ペトリフィルム™ 培地は最大20枚(※1)まで重ねて培養することができます。

しかし、「検体数が多いと積み重ねた3M™ ペトリフィルム™ 培地 を培養器に入れても一面に並べることになり、培養器の空間を上手く活用できない…」というご経験をされた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そのような方に、今回は3M™ ペトリフィルム™ 培地 を効率的に積み重ね、培養器のスペースを有効に活用するための方法をご紹介します。

※1 3M™ ペトリフィルム™ 生菌数迅速測定用プレート(RACプレート)および3M™ ペトリフィルム™ カビ・酵母迅速測定用プレート(RYMプレート)は、最大40枚まで重ねられます。


webLoaded = "false"

培養器のスペースを効率的に使うための3M™ ペトリフィルム™ 培地の重ね方

  • 培養器の棚板(段数)を増やす
  • 小型のラックやトレイにペトリフィルムを重ねて入れ、このラックやトレイを積み重ねて培養する
  • 培養器の棚板(段数)を増やす
  • 小型のラックやトレイにペトリフィルムを重ねて入れ、このラックやトレイを積み重ねて培養する
webLoaded = "false" Loadclientside=No

プレートの種類によって培養時間(判定のタイミング)が異なるので、ラックやトレイにはプレートの種類ごとに重ねると効率的に作業できます。

今回ご紹介したものの他にも皆様の作業の流れの中で確立した方法もあると思います。皆様に適した効果的な方法を見つけてみてください。

コラム一覧


webLoaded = "false"
Follow Us
地域を変更する
日本 - 日本語