webLoaded = "false" Loadclientside=No

3M™ ペトリフィルム™ 培地 「使い方のコツ」のご紹介
『操作ミスを防ぎ、検査精度を向上させる方法』
                                                                                                                                                                                                                                                                                                         2019.1.16

コラム一覧


webLoaded = "false" Loadclientside=No

製品の使い方を誤ると、プレートを無駄にするだけでなく、正しい検査結果を得ることができません。

今回はよくある操作ミスと正しい操作方法を4例ご紹介します。
日頃の手技の再確認にご活用ください。


webLoaded = "false"

事例1:試料液の接種の仕方

  • 3M™ ペトリフィルム™ 生菌数測定用プレート(ACプレート)

    【正しい操作方法】
    ピペットをプレートに対して垂直に立て、試料液を接種します。

    【誤った操作方法】
    ピペットをプレートに対して斜めに向け、試料液を注ぐと中心に乗らず、プレート外への漏れの原因になります。

  • 3M™ ペトリフィルム™ 大腸菌群数測定用プレート(CCプレート)

    【正しい操作方法】
    ACプレートと同様に、ピペットをプレートに対して垂直に立て、試料液を注ぎます。

Follow Us
地域を変更する
日本 - 日本語