webLoaded = "false"
  • 品質管理検査の技量に自信がない・・・。結果の安定性と効率性を実現した方法とは?

webLoaded = "false"
  • 製造品目:惣菜

    ◆お客様情報
    製造品目:惣菜
    企業規模:年間売上 50億円
    担当者:品質管理部門 課長

webLoaded = "false" Loadclientside=No
  • 1
  • 2

【背景】

従来の寒天培地を用いた検査法は手順が煩雑。長年検査を担当していたベテラン検査員も実は自分たちの技量に不安を感じていた。
さらに、検査員が1名退職し、安定した検査体制の確保に迫られていた。


webLoaded = "false"

【お困りごと】
業績拡大に向け、品質管理体制に不安。検査手法の見直しが喫緊の課題に

  • 豆腐、こんにゃくなどの惣菜を扱う同社では、中食市場の拡大に伴い、業績は順調に推移していた。数年前に新工場も竣工し、さらなる成長を図っている。そのような中、品質管理部門では一抹の不安を抱えていた。

    検査員はベテランであるものの、元々検査の専門的な教育を受けたわけではなく、自分たちの技量に自信を持てずにいた。寒天培地での検査は手技を覚えるのに時間がかかり、手順も煩雑だ。過去に外部精度管理試験を受けて不合格だったこともあった。

    さらに、全部で3名いた検査員のうち、1名が退職することになった。新たな人員確保も難しく、検査体制により一層の不安が募る。同社では、品質管理における検査手法の見直しに迫られていた。


    次のページへ

webLoaded = "false"
webLoaded = "false" Loadclientside=No
  • 1
  • 2
Follow Us
地域を変更する
日本 - 日本語