webLoaded = "false"
  • 製造品目:和菓子、洋菓子

    HACCP導入の号令が!
    人員不足の中HACCP導入を実現するために行った工夫とは?

    ◆お客様情報
    製造品目:和菓子、洋菓子
    企業規模:年間売上 50億円
    担当者:品質管理室 室長

webLoaded = "false" Loadclientside=No
  • 1
  • 2

webLoaded = "false" Loadclientside=No

【背景】

HACCP制度化に伴い、経営層からHACCP導入の号令があった。
しかしながら、日々の業務に追われる品質管理室担当者にはHACCP導入のために割く時間も知識も不足していた。


webLoaded = "false" Loadclientside=No

【お困りごと】
HACCP導入は待ったなし。導入準備を進めるための人員確保が課題に

経営層からの号令で、HACCPの導入を行うことになった。
号令の背景には、HACCPが制度化になったことはもちろん、競合他社との競争が激しくなってきているため、自社商品の安全性を消費者や取引先にアピールし、競合他社との差別化を図っていきたいという考えがあったからだ。

しかし、品質管理室 室長A氏は困惑していた。
HACCPに関するウェブサイトや専門書に目を通したものの、具体的に何から取り組めばよいか分からなかった。

同社の業績は好調で、生産現場は多忙を極めていた。HACCP習得のために担当者を決め、知識習得のためのセミナーや勉強会に参加させる余裕はない。また、そこで習得した知識を従業員全体に研修等で周知し、取り組ませる余裕もなかった。

品質管理室の検査員は3名。HACCPを導入すれば、モニタリングのための環境検査や検証作業が増え、業務負荷が増えることが予想された。また、HACCPでは改善活動が必須であり、その改善活動を行うにあたっては、検査員が製造現場とコミュニケーションを取ることも欠かせない。業務量が増えることで、微生物検査業務が雑になり、検査精度が落ちてしまえば本末転倒である。この人員で対応するには効率化は必須だった。

webLoaded = "false"
  • お困りごとのポイント

    ◆HACCP導入にあたり何から始めたらよいかわからなかった

    ◆HACCP導入準備に割く時間がない

    ◆HACCP導入後に業務量が増加し、検査精度が落ちないか心配だった

webLoaded = "false" Loadclientside=No
webLoaded = "false" Loadclientside=No
  • 1
  • 2
Follow Us
地域を変更する
日本 - 日本語