webLoaded = "false"
  • 製造品目:加工肉

    休日出勤をなくし、働きやすい労働環境を実現した方法とは?

    ◆お客様情報
    製造品目:加工肉
    企業規模:年間売上150億円
    担当者:品質管理部 部長

webLoaded = "false" Loadclientside=No
  • 1
  • 2
webLoaded = "false" Loadclientside=No

【背景】

同社の微生物検査担当者は1名。微生物検査では寒天培地を使用しており、担当者は検査結果確認のため休日出勤をしていた。上長である品質管理部 部長A氏は休日出勤をなくすことをはじめ、検査担当者の労働環境を改善したい思いがあった。


webLoaded = "false" Loadclientside=No

[お困りごと]
検査員の休日出勤をなくすために、検査体制の見直しに迫られていた

同社は、それまで寒天培地を使用した検査を行っていた。しかしながら、この検査方法では、培養時間の都合上結果確認のために休日出勤する必要がある。微生物検査担当者は1名しかいないため、担当者は実質週休1日で勤務を続けるしかなかった。

また、この検査員は元から検査部門でキャリアを積んできたわけではなく、前任者の退職に伴う配置転換で引き継いだ内容を実施しているのみだった。専門的なトレーニングを受けていないため、自身のスキルに自信がもてずにいた。また、検査手技や判定結果に迷うことがあっても誰にも相談できず悩んでいたという。
現在の検査方法を導入したのははるか昔で、培地メーカーの担当者が同社を訪れたことはなく、使用している培地の使い方や判定方法について聞くこともできなかった。

品質管理部 部長A氏はなんとか現状を改善したい思いがあった。しかしながら、A氏も品質管理部へ異動してきて間もないため、検査業務に対する情報や知識がない。具体的に何から着手すれば良いかわからなかったが、一刻も早い環境の改善の必要性を感じていた。

webLoaded = "false"
  • お困りごとのポイント

    ◆検査担当者は、検査結果確認のため休日出勤をしなければいけない状況

    ◆検査担当者は検査の専門的なトレーニングを受けたことがないため、スキルに自信がない

    ◆社内で品質管理について詳しい人がおらず、品質管理部門の労働環境を改善したいが、どのように着手していいかわからない

webLoaded = "false" Loadclientside=No
webLoaded = "false" Loadclientside=No
  • 1
  • 2
Follow Us
地域を変更する
日本 - 日本語