webLoaded = "false" Loadclientside=No
皮膚欠損用創傷被覆材

創傷ケアは、予防的措置から深い褥瘡まで状態に合わせた適切な処置の選択が必要です。3Mの創傷用ドレッシング材は、創傷の湿潤環境を保つことにより、疼痛を緩和し、治癒を速める治療方法である「モイスト ウーンド ヒーリング」という考えに基づいて設計されています。


webLoaded = "false"

3M™ テガダーム™ ハイドロコロイド ドレッシング

透明性が高く、崩れにくいハイドロコロイド ドレッシングです。楕円形や仙骨部用の特殊形など、用途に合わせて形状をお選びいただけます。

  • ・ハイドロコロイド材は適度な粘着力を持ち、創周囲皮膚に密着し、創面からの滲出液を吸収し、湿潤環境を保ちます。
    ・水蒸気透過性防水フィルムが、創傷部位を汚染物から保護します。
    ・貼付したままでも創傷部の観察がしやすいので、剥がさなくても交換時期が判断できます。
    ・サイズや形状のバリエーションにより、創の大きさに合わせた製品選択ができます。

webLoaded = "false" Loadclientside=No

償還価格 10円/cm2(2018年4月時点)

【使用目的又は効果】
皮下脂肪組織までの創傷(III度熱傷を除く)に対する「傷の保護」、「湿潤環境の維持」、「治癒の促進」、「疼痛の軽減」を目的とする。

【保険適用】
種類:特定保険医療材料
保険請求名:皮膚欠損用創傷被覆材 テガダーム ハイドロコロイド
保険適用範囲:皮下組織に至る創傷用①標準型
保険請求:償還価格による

webLoaded = "false" Loadclientside=No

製品番号 形状 サイズ(ハイドロコロイド材サイズ) 算定面積 入れ目
90001 楕円形 10×12cm(7×9cm) 52cm2 5枚/箱
90003 楕円形 13×15cm(10×12cm) 100cm2 5枚/箱
90004 楕円形 17×20cm(14×17cm) 192cm2 3枚/箱
90007 特殊型(仙骨部用) 16.1×17.1cm(12.3×13.9cm) 135cm2 6枚/箱
90002 四角形 10×10cm(10×10cm) 100cm2 5枚/箱
90005 四角形 15×15cm(15×15cm) 225cm2 3枚/箱

高度管理医療機器/二次治癒ハイドロゲル創傷被覆・保護材 承認番号:20900BZY00030A01 販売名:テガダーム ハイドロコロイド

webLoaded = "false" Loadclientside=No

【保険適用期間】

(1)医療機関で使用した場合
● 2週間を標準として、特に必要と認められる場合については3週間を限度として算定できる。また、同一部位に対し複数の創傷被覆材を用いた場合は、主たるもののみ算定する。
● 以下の場合には算定できない。
*手術縫合創に対して使用した場合。
*皮下組織に至る創傷以外に使用した場合。

(2)在宅難治性皮膚疾患処置指導管理料を算定している患者に対して使用した場合
● 同一の部位に対し複数の創傷被覆材を用いた場合は、主たるもののみ算定する。

3)いずれかの在宅療養指導管理料を算定している場合であって、在宅での療養を行っている通院困難な患者のうち、皮下組織に至る褥瘡(筋肉、骨等に至る褥瘡を含む。)(DESIGN-R 分類D3、D4 及びD5)を有する患者の当該褥瘡に対して使用した場合
● 同一の部位に対し複数の創傷被覆材を用いた場合は、主たるもののみ算定する。
● 原則として3週間を限度として算定する。それ以上の期間において算定が必要な場合には、摘要欄に詳細な理由を記載する。

〈参考〉在宅難治性皮膚疾患処置指導管理料
表皮水疱症患者又は水疱型先天性魚鱗癬様紅皮症患者であって、難治性の皮膚病変に対する特殊な処置が必要なものに対して、水疱、びらん又は潰瘍等の皮膚の状態に応じた薬剤の選択及び被覆材の選択等について療養上の指導を行った場合に、月1回に限り算定する。


webLoaded = "false"

3M™ テガダーム™ ハイドロコロイド ライト ドレッシング

3M™ テガダーム™ ハイドロコロイド ドレッシングと同じ素材を使った薄型のハイドロコロイド ドレッシングです。滲出液の少ない浅い創に適しています。

  • ・ハイドロコロイド材は適度な粘着力を持ち、創周囲皮膚に密着し、創面からの滲出液を吸収し、湿潤環境を保ちます。

    ・水蒸気透過性防水フィルムが、創傷部位を汚染物から保護します。

    ・貼付したままでも創傷部の観察がしやすいので、剥がさなくても交換時期が判断できます。

    ・サイズや形状のバリエーションにより、創の大きさに合わせた製品選択ができます。

webLoaded = "false" Loadclientside=No

償還価格 6円/cm2(2018年4月時点)

【使用目的又は効果】
真皮までの創傷に対する「傷の保護」、「湿潤環境の維持」、「治癒の促進」、「疼痛の軽減」を目的とする。

【保険適用】
種類:特定保険医療材料
保険請求名:皮膚欠損用創傷被覆材 テガダーム ハイドロコロイド ライト
保険適用範囲:真皮に至る創傷用
保険請求:償還価格による

製品番号 形状 サイズ(ハイドロコロイド材サイズ) 算定面積 入れ目
90021 楕円形 10×12cm(7×9cm) 52cm2 10枚/箱
90023 楕円形 13×15cm(10×12cm) 100cm2 10枚/箱
90024 楕円形 17×20cm(14×17cm) 192cm2 6枚/箱
90022 四角形 10×10cm(10×10cm) 100cm2 5枚/箱

管理医療機器/局所管理ハイドロゲル創傷被覆・保護材 承認番号:20800BZY00747A01 販売名:テガダーム ハイドロコロイド ライト

webLoaded = "false" Loadclientside=No

【保険適用期間】

(1)医療機関で使用した場合

● 2週間を標準として、特に必要と認められる場合については3週間を限度として算定できる。また、同一部位に対し複数の創傷被覆材を用いた場合は、主たるもののみ算定する。
● 以下の場合には算定できない。
*手術縫合創に対して使用した場合。
*真皮に至る創傷以外に使用した場合。

(2)在宅難治性皮膚疾患処置指導管理料を算定している患者に対して使用した場合

● 同一の部位に対し複数の創傷被覆材を用いた場合は、主たるもののみ算定する。

〈 参考 〉在宅難治性皮膚疾患処置指導管理料

表皮水疱症患者又は水疱型先天性魚鱗癬様紅皮症患者であって、難治性の皮膚病変に対する特殊な処置が必要なものに対して、水疱、びらん又は潰瘍等の皮膚の状態に応じた薬剤の選択及び被覆材の選択等について療養上の指導を行った場合に、月1回に限り算定する。

webLoaded = "false"

3M™ テガダーム™ フォーム ドレッシング

吸水性と水蒸気透過性をあわせもつ非粘着性の創傷被覆材です。やわらかな吸水性フォームと、滲出液が戻りにくいモイスチャーコントロールパッドによって構成されており、創傷治癒に適した湿潤環境を保ちます。

  • ・吸水性フォーム:クッション性に富み、創をやさしく保護します。滲出液を吸収し、創傷治癒に適した湿潤環境を保ちます。

    ・モイスチャーコントロールパッド:フォームに吸収された滲出液を素早く吸収・保持し、滲出液を創面に戻りにくくするパッドです。

    ・フィルム:滲出液の漏出を防ぎ、外部からの汚染を防ぐ、水蒸気透過性防水フィルムです。

webLoaded = "false" Loadclientside=No

償還価格 10円/cm2(2018年4月時点)

【使用目的又は効果】
皮下脂肪組織までの創傷(III度熱傷を除く)に対する「傷の保護」、「湿潤環境の維持」、「治癒の促進」、「疼痛の軽減」を目的とする。

【保険適用】
種類:特定保険医療材料
保険請求名:皮膚欠損用創傷被覆材 テガダーム フォーム ドレッシング
保険適用範囲:皮下組織に至る創傷用①標準型
保険請求:償還価格による

製品番号 形状 サイズ 算定面積 入れ目
90600 四角形 5×5cm 25cm2 10枚/箱
90601 四角形 10×10cm 100cm2 10枚/箱
90602 四角形 10×20cm 200cm2 5枚/箱
90603 四角形 20×20cm 400cm2 5枚/箱

高度管理医療機器/二次治癒フォーム状創傷被覆・保護材 承認番号:22400BZX00079000 販売名:テガダーム フォーム ドレッシング

webLoaded = "false" Loadclientside=No

【保険適用期間】

(1)医療機関で使用した場合

● 2週間を標準として、特に必要と認められる場合については3週間を限度として算定できる。また、同一部位に対し複数の創傷被覆材を用いた場合は、主たるもののみ算定する。
● 以下の場合には算定できない。
*手術縫合創に対して使用した場合。
*皮下組織に至る創傷以外に使用した場合。

(2)在宅難治性皮膚疾患処置指導管理料を算定している患者に対して使用した場合

● 同一の部位に対し複数の創傷被覆材を用いた場合は、主たるもののみ算定する。

(3)いずれかの在宅療養指導管理料を算定している場合であって、在宅での療養を行っている通院困難な患者のうち、皮下組織に至る褥瘡(筋肉、骨等に至る褥瘡を含む。)(DESIGN-R 分類D3、D4 及びD5)を有する患者の当該褥瘡に対して使用した場合

● 同一の部位に対し複数の創傷被覆材を用いた場合は、主たるもののみ算定する。

● 原則として3週間を限度として算定する。それ以上の期間において算定が必要な場合には、摘要欄に詳細な理由を記載する。

〈 参考 〉在宅難治性皮膚疾患処置指導管理料

表皮水疱症患者又は水疱型先天性魚鱗癬様紅皮症患者であって、難治性の皮膚病変に対する特殊な処置が必要なものに対して、水疱、びらん又は潰瘍等の皮膚の状態に応じた薬剤の選択及び被覆材の選択等について療養上の指導を行った場合に、月1回に限り算定する。


webLoaded = "false" Loadclientside=No

保険適用について

詳しくは『皮膚欠損用創傷被覆材に関するQ&A』をご参照ください。
PDFでダウンロードできます。

【内容】保険算定方法/保険適用期間/保険上の適用(保険の対象疾患)/保険算定可能な施設/在宅診療での使用/調剤薬局での取り扱い

PDFダウンロードはこちら


webLoaded = "false"

3M 医療用製品 会員制サイトへ
Follow Us
地域を変更する
日本 - 日本語