動画(院内教育資料)

動画(使用方法)



webLoaded = "false"

動画(院内教育資料)

  • 「眼への血液・体液等曝露の現状とその対策」

    眼への血液・体液等曝露の現状とその対策

    (再生時間:15分19秒)

    眼の防護具の装着率向上を目的とした、音声付勉強会テキストです。標準予防策のおさらい、各種PPE、眼への血液・体液曝露事例などをご紹介しています。

    動画の内容をPDFで確認したい方はこちら

  • 「職業感染予防 眼への血液・体液曝露とその対策」

    職業感染予防 眼への血液・体液曝露とその対策

    (再生時間:9分54秒)

    職業感染予防の啓発を目的とした、勉強会・自己学習用の動画です。自治医科大学附属病院感染制御部部長、森澤先生のお話しなどをご紹介しています。

  • 「空気感染対策とN95マスクの適正使用」

    空気感染対策とN95マスクの適正使用

    (再生時間:14分32秒)

    日本の結核の罹患率は他の先進国と比べ高い状況にあり、医療従事者の新規結核感染が毎年確認されています。本資料では結核感染のしくみを理解し、呼吸器防護で使用するN95マスクの適正使用などをご紹介しています。

    動画の内容をPDFで確認したい方はこちら

  • 「血管内留置カテーテルの管理について ① -カテーテル由来血流感染対策-」

    血管内留置カテーテルの管理について ① -カテーテル由来血流感染対策-

    (再生時間:13分56秒)

    CDCガイドラインでは複数の予防策をバンドル化することで感染対策のパフォーマンスが向上すると強調しています。本資料では、CRBSIの解説とバンドルに取り入れられる主な4つの対策をご紹介しています。

    動画の内容をPDFで確認したい方はこちら

  • 「血管内留置カテーテルの管理について ② -フィルムドレッシング材の適正使用-」

    血管内留置カテーテルの管理について ② -フィルムドレッシング材の適正使用-

    (再生時間:13分11秒)

    血管内留置カテーテルの管理においては様々な有害事象に接する可能性があります。本資料では、「静脈炎」、「皮膚トラブル」、「自己抜去」に絞って、対応するフィルムドレッシング材の使い方のコツについてご紹介します。

    動画の内容をPDFで確認したい方はこちら

webLoaded = "false"

金沢医科大学病院 医療安全部 感染制御室 課長 野田洋子 先生によるカテーテル関連血流感染対策シリーズ

  • 血管内留置カテーテル関連血流感染(CRBSI)予防策 ~挿入部の管理を中心に~

    血管内留置カテーテル関連血流感染(CRBSI)予防策 ~挿入部の管理を中心に~ -

    (再生時間:27分47秒)

    血管内留置カテーテル関連血流感染(CRBSI)防止予防策の中でも、挿入部の衛生管理を中心に、自施設での取り組みも交えご講演いただいております。

    動画の内容をPDFで確認したい方はこちら

  • 末梢ライン関連血流感染(PLABSI)予防策 ~挿入するのであればここまで必要!~

    末梢ライン関連血流感染(PLABSI)予防策 ~挿入するのであればここまで必要!~

    (再生時間:29分34秒)

    末梢静脈カテーテル関連感染(PLABSI)防止予防策について、自施設での取り組みも交えご講演いただいております。

    動画の内容をPDFで確認したい方はこちら

動画(院内教育資料)は、院内教育及びそれに準じる目的で利用されたい場合、DVDでご提供いたします。

動画コンテンツ(DVD)請求フォームはこちら

webLoaded = "false"

動画(使用方法)

  • 「3M™ キュロス™ プロテクタ(ニードルレスコネクタ用)の使用方法」

    3M™ キュロス™ プロテクタ(ニードルレスコネクタ用)の使用方法

    (再生時間:3分45秒)

    ニードルレスコネクタにはめて、汚染防止・保護に用いるキャップです。手順の「標準化」と清潔管理の「見える化」を実現します。

  • 「剥離剤と皮膜剤の使い分けによる皮膚トラブル対策」

    剥離剤と皮膜剤の使い分けによる皮膚トラブル対策

    (再生時間:4分36秒)

    気管内チューブ、中心静脈カテーテル、対極板、サージカルドレープの使用に際して、剥離剤と皮膜剤のどちらを使用するとよいか、使い分けの目安を解説します。また、皮膚や各種チューブへの糊残りがあった場合の、剥離剤を使用した除去方法も紹介しています。

webLoaded = "false"
  • 「末梢静脈カテーテルの固定」

    末梢静脈カテーテルの固定

    (再生時間:2分6秒)

    3M™ テガダーム™ I.V. コンフォート フィルム ドレッシング(製品番号:1681)を使用した固定方法です。

  • 「末梢静脈カテーテルの固定2」

    末梢静脈カテーテルの固定2

    (再生時間:2分5秒)

    3M™ テガダーム™ I.V. コンフォート フィルム ドレッシング(製品番号:1683)を使用した固定方法です。

  • 「末梢静脈カテーテルの固定3」

    末梢静脈カテーテルの固定3

    (再生時間:2分21秒)

    3M™ テガダーム™ I.V. トランスペアレント ドレッシング(製品番号:1633)を使用した固定方法です。

  • 「末梢静脈カテーテルの固定4」

    末梢静脈カテーテルの固定4

    (再生時間:2分4秒)

    3M™ テガダーム™ コンフォート フィルム ドレッシング(製品番号:1684)を使用した固定方法です。

  • 「末梢動脈カテーテル(Aライン)の固定」

    末梢動脈カテーテル(Aライン)の固定

    (再生時間:2分2秒)

    3M™ テガダーム™ I.V. コンフォート フィルム ドレッシング(製品番号:1681)を使用した固定方法です。

  • 「末梢動脈カテーテル(Aライン)の固定2」

    末梢動脈カテーテル(Aライン)の固定2

    (再生時間:2分11秒)

    3M™ テガダーム™ I.V. トランスペアレント ドレッシング(製品番号:1633)を使用した固定方法です。

  • 「末梢動脈カテーテル(Aライン)の固定3」

    末梢動脈カテーテル(Aライン)の固定3

    (再生時間:2分17秒)

    3M™ テガダーム™ I.V. コンフォート フィルム ドレッシング(製品番号:1683)を使用した固定方法です。

  • 「小児での末梢静脈カテーテルの固定」

    小児での末梢静脈カテーテルの固定

    (再生時間:2分38秒)

    3M™ テガダーム™ I.V. トランスペアレント ドレッシング(製品番号:1610)を使用した固定方法です。

  • 「PICCカテーテルの固定」

    PICCカテーテルの固定

    (再生時間:1分35秒)

    3M™ テガダーム™ コンフォート フィルム ドレッシング(製品番号:1688)を使用した固定方法です。

  • 「中心静脈カテーテルの固定」

    中心静脈カテーテルの固定

    (再生時間:1分48秒)

    3M™ テガダーム™ I.V. コンフォート フィルム ドレッシング(製品番号:1685)を使用した固定方法です。

  • 「中心静脈カテーテルの固定2」

    中心静脈カテーテルの固定2

    (再生時間:1分33秒)

    3M™ テガダーム™ コンフォート フィルム ドレッシング(製品番号:1688)を使用した固定方法です。

  • 「中心静脈カテーテルの固定3」

    中心静脈カテーテルの固定3

    (再生時間:1分48秒)

    3M™ テガダーム™ コンフォート フィルム ドレッシング(製品番号:1686)を使用した固定方法です。

  • 「ヒューバー針の固定」

    ヒューバー針の固定

    (再生時間:1分33秒)

    3M™ テガダーム™ コンフォート フィルム ドレッシング(製品番号:1688)を使用した固定方法です。

  • 「中心静脈カテーテルの固定(クロルヘキシジン含有ドレッシングを用いた例)」

    中心静脈カテーテルの固定(クロルヘキシジン含有ドレッシングを用いた例)

    (再生時間:2分4秒)

    3M™ テガダーム™ CHG ドレッシング(製品番号:1657R)を使用した固定方法です。

  • 「中心静脈カテーテルの固定(クロルヘキシジン含有ドレッシングを用いた例)2」

    中心静脈カテーテルの固定(クロルヘキシジン含有ドレッシングを用いた例)2

    (再生時間:1分50秒)

    3M™ テガダーム™ CHG ドレッシング(製品番号:1658R)を使用した固定方法です。


Load Client Side - No
Web Loaded - false
UUID - 75dc4269-d9b1-408e-a22c-3d8a234d62cb
使用方法
使い方のコツ
ニュースレター

  • 医療従事者向け情報(製品情報)

    医療従事者向け情報(製品情報)

    医療従事者向け製品のウェブページです。幅広い製品ラインナップでお客様の問題解決に貢献します。

  • お電話でのお問い合わせ

     

    ナビダイヤル0570-011-321

     

    上記がつながらない場合:045-680-2113
    カタログ・サンプル等の資料請求:FAX 0120-282-369
    受付時間のご案内
    ■8:45~17:15 (土・日・祝日・年末年始を除く)

  • メールでのお問い合わせ

    メールでのお問い合わせ

    お問い合わせフォームを開いてご入力、送信してください。


Follow Us
当サイト上に掲載されているブランドは3M社の商標です。
地域を変更する
日本 - 日本語