webLoaded = "false" Loadclientside=No

間柱を切り欠かずに耐力壁内に設置できる制震ダンパーとは?

従来の耐震構造に加えて、3Mが開発した木造住宅用粘弾性ダンパー(以下、VEMダンパーといいます。)は、地震のエネルギーを吸収し、揺れを小さく、早く抑えることが可能になります。建築基準法で定める範囲を超える想定外の大地震や繰り返し起こる大きな地震に対して、住宅の安全・価値を守る新しい技術です。 ※VEMとは、Visco Elastic Material(粘弾性体)の略です。

VEMダンパーが皆様の家を守るこれだけの理由

繰り返し地震に強く、安定した性能を発揮します
使用しているVEM(粘弾性体)は、微小な地震から大地震まで、安定した性能を発揮します。また、鋼材系のダンパーのように、疲労で破断する心配もありませんし、オイル系のダンパーのように、大地震後のオイル漏れなどの心配も不要です。

間柱を切り欠くことなく、耐力壁内に設置できるため設計の自由度が損なわれません
VEMダンパーは、間柱を切り欠くことなく耐力壁内に設置できるため、制震ダンパーを設置するために新たに壁を増やす必要がありません。そのため、オープンな間取りなどにも影響を与えずに設置が可能です。

多くの超高層ビルで採用された実績を誇ります
日本を初め諸外国の超高層ビルで数多くの採用実績を誇るVEM(粘弾性体)を使用しておりますので、長期にわたって安心してご使用いただけます。

VEMダンパーの特長

webLoaded = "false"
  • 耐力壁内に設置可能
  • 地震で揺れる建物にブレーキ
  • 地震の揺れ幅を低減
  • 数多くの超高層ビルでの採用実績

webLoaded = "false" Loadclientside=No

耐震+制震:地震に耐え、揺れを吸収する構造が皆様の生命、財産を守ることに役立ちます。

建築基準法の想定は、震度6強までであり、繰り返しの地震を想定したものではありません。そこで、想定外の地震に対してさらなる安全をプラスするのが制震構造であり、VEM(粘弾性体)を利用した新しい制震ダンパーが地震の揺れを吸収します。

webLoaded = "false"
  • 耐震構造

    地震に耐える構造:

    筋交いなどの耐力壁により、地震の揺れに対して、力で抵抗します。
    建物全体(壁など)が少しずつ損傷して揺れを抑える構造のため、繰り返しの大きな地震に対して 揺れ幅が大きくなっていきます。

  • 耐震+制震構造

    地震に耐えながら、揺れを吸収する構造:

    耐震構造を基本としながら、そこにプラスされた制震装置により、地震の揺れを吸収します。建物の損傷を抑えながら揺れ幅を小さくすることができ、繰り返しの地震に対しても 高い効果を発揮します。


お問い合わせ

カスタマーコールセンター

ナビダイヤル: 0570-011-511

上記がつながらない場合: 045-680-2115

カタログ・サンプル請求専用FAX: 0120-282-369

受付時間のご案内
■ 8:45~17:15 (土・日・祝日・年末年始を除く)

webLoaded = "false" Loadclientside=No

制振ダンパー トップへ戻る

Follow Us
地域を変更する
日本 - 日本語