webLoaded = "false" Loadclientside=No

転倒防止対策

3M™ セーフティ・ウォーク™ すべり止めテープ 施工方法

3M™ セーフティ・ウォーク™ すべり止めテープは、裏紙をはがして貼るだけの簡単な施工で転倒事故の予防に効果があります。施工にあたり事前に下記ポイントをチェックし、施工の可否および最適な製品タイプをご確認ください。

※本製品及び関連製品を輸出される場合は、下記よりお問合せください。

  

1、施工時の諸注意(クリックすると開きます)

  • 施工温度

    施工時温度は10℃以上のできるだけ暖かい温度で施工してください。10℃未満ではセーフティ・ウォーク™ すべり止めテープ粘着剤の接着力が極端に低下しますので、接着できないか、後日剥がれる確率が高くなります。 冬季などの低温施工時では、10℃以上でも施工面の状態によっては、貼り付きづらい場合があります。このような場合には、ドライヤーやバーナー等のヒーターでセーフティ・ウォーク™ すべり止めテープだけでなく床側の温度も上げてください。施工温度が上げられない場合は、施工日を延期してください。

  • 屋外での施工では、雨天時は施工面の濡れによって接着に悪影響を及ぼします。 雨天時は雨水などが飛散して施工面を濡らしたり内部に染みこむことで接着力の低下を招く場合があります。 このような気象条件で十分な雨水の浸入対策が不可能な場合は施工日を延期してください。

  • 施工面は汚れを確実に除去し、乾燥させてください。油、グリス、ホコリ、離型剤の除去に心がけてください。特に洗剤を使用した場合には水洗いを行い、例えば3M™ クリーナー30(天然油脂成分)等を使用した後は必ずアルコールで残渣の除去をお願いします。洗剤成分(界面活性剤・天然油脂等)が表面に残存しているとセーフティ・ウォーク™ すべり止めテープの接着力が低下し剥がれる可能性があります。金属に付着したサビ等はサンドペーパー等で落としてください。

webLoaded = "false" Loadclientside=No

施工手順

  • 施工表面の水、汚れ、油分を完全にク リーニングします。洗剤を使用した場合には水洗いを行い、 十分に乾燥させてください。

  • 貼り付ける大きさ、位置を決めてマーカー、マスキングテープなどで印を付けます。水回りへの施工や、付きにくい下地面への施工には、貼り付け前にプライマーを塗ってください。プライマーを使用する場合は、貼り付け面からプライマーがはみ出さないようにマスキングテープを使用してください。プライマーは均一に塗布し溶剤を乾燥させてください。※詳しくは施工マニュアルのプライマーの使用方法をご確認ください。

  • すべり止めテープの裏側についているライナー紙をはがし、粘着剤になるべく指が触れないように注意して貼り付けてください。

     

  

2、貼り付け施工の注意

セーフティ・ウォーク™ すべり止めテープの浮き、剥がれを防ぐために、粘着剤を施工面に完全に密着させてください。

  • すべり止めテープのライナー紙を剥がし、ゴムローラーで貼り付けます。いっぺんに全面を貼ると、糊面に気泡が残り、剥がれ、シワ等の原因になりますので、一端を貼り付け後、ゴムローラーで一方向に圧着し、空気を追い出すように貼り付けてください。

  • 強く接着させるには施工面と粘着剤が十分に密着することが必要です。体重を掛けてゴムローラーで圧着してください。

  • タイプAをシマ鋼板など凹凸面に貼る場合は、ゴムハンマーで同様に空気を追い出しながら上からたたいて凹凸面になじませます。

webLoaded = "false" Loadclientside=No

※壁の立ち上がり近くに施工する場合、圧着ができるように、壁より離して施工してください。(目安1cm以上)
※階段の段鼻等に貼る場合、角にかかることは避け、端部より内側に1cm以上空けて貼ってください。

  

3、施工後の注意 養生時間

施工後、セーフティ・ウォーク™ すべり止めテープの接着力は時間とともに上昇します。(恒久的な接着力まで上昇するのに20℃で2、3日程かかります。)可能なら施工後3日間は養生を行ってください。また、施工後すぐには水がかからないよう注意ください。

  • レイアウト

    レイアウトは、現場の状況によってデザインしてください。 ・必要箇所に全面貼りするのではなく、下図のようにシートに分割して貼り付けます。材料費の節約ができ、また補修時も必要な部分の貼り替え作業だけですみます。 ・補修時の作業性を考え、シートの一辺の最大長さは150cm以下、またシート間の作業間隔は15cm以下がおすすめです。 ・長さが1mを超えるような長い形状を貼り付ける場合は、シワの原因になりますので製品を強く引っ張らずに貼り付けを行ってください。

  • ・必要なサイズにカットする場合は、ライナー紙側からカッターをあてるときれいにカットすることができます。 ・角を丸くカットしておくと、引っかけてめくれることが起きにくくなります。

  • ・補修時や、間違って貼り付けてしまった場合、すべり止めテープの一端をヘラ状のもので少しめくり、そこを持って床面に対して90°~180°方向にゆっくり引っ張って剥がすようにしてください。 ・一度剥がしたすべり止めテープは、再度使用することはできません。 ・被着面の材質(木材や密着度の低い塗料等)によっては、表面を損なう場合があります。

(レイアウト例)

(カット方法)

プライマーの種類と使用方法

  • 3M™ プライマー N-200

    3M™ プライマー N-200

    特徴:耐久性高く、凹凸面向き
    色:黄色
    容量:1L/缶
    入れ目:6缶/ケース

    1、ブラシ・ウェス等を使用し、施工面の汚れや油分離型剤の付着物を除去してください。
       ※一方向に拭くようにすると効果的です。
    2、油分などの除去にはイソプロピルアルコール、MEK などの溶剤が効果的です。
    3、洗浄後は十分に乾燥させてください。
    4、清潔なハケやローラーなどで均一に塗布してください。   
       ※プライマーのはみ出しを防ぐために、予めプライマー塗布面(3M™ セーフティ・ウォーク™ すべり止めテープ施工 部の外周部より数mm広めに塗布されることをおすすめします)にマスキングテープを貼ると、きれいに仕上がります。 プライマーがはみ出した場合は経時で着色する場合があります。

    5、プライマー塗布面の材質、表面状態により必要な塗布量は異なります。プライマーのはみ出しを防ぐために、マスキ ングテープを使うときれいに仕上がります。30~50ml/㎡が標準使用量で、1缶(1L)で約20㎡の使用量が目安となります。 プライマー塗布後、乾燥が必要です。また3M™ セーフティ・ウォーク™ すべり止めテープ貼りつけまでの推奨乾燥時間 は標準状態で10分~3時間です。
       ※製品パッケージに記載のプライマー乾燥時間と異なりますので、ご注意ください。    ※標準状態:23℃、65%のRH(乾燥時間は温度、湿度、塗布量、被着体の表面性などによって異なります。)
    6、ホコリや汚れ、水滴等が付着しないように注意してください。
    7、塗布後24 時間以上プライマー乾燥を行った場合は、プライマーを塗り直してください。    ※より詳しい使用方法については、別途資料をご請求ください。
    8、経時でプライマーは着色する場合がありますので、3M™ セーフティ・ウォーク™ すべり止めテープ タイプF(クリ ア)の施工にはおすすめしません。
    9、使用後は、水分が入らないように直ちに缶の蓋をしてください。缶の底には乾燥剤が入れてあります。

      

  • 3M™ 工業用接着剤 EC-1368NT

    特徴:耐久性高く、凹凸面向き
    色:黄色
    容量:1L/缶
    入れ目:6缶/ケース

    1、ブラシ・ウェス等を使用し、施工面の汚れや油分離型剤の付着物を除去してください。
      ※一方向に拭くようにすると効果的です。
    2、洗浄後は施工表面を十分に乾燥させてください。
      ※油分などの除去にはイソプロピルアルコール、メチルエチルケトンやシンナーなどの有機溶剤が効果的です。
    3、プライマーを十分に撹拌し、清潔なハケやローラーで、薄く、均一に塗布してください。
      ※原液をハケ等で塗布することも可能ですが、メチルエチルケトンやラッカーシンナーで原液を2~3倍に希釈する事で、薄く均一に塗布しやすくなり、乾燥時の発泡を抑えられるようになります。施工面の表面状態によって凹凸面、染みこみやすい面では希釈したプライマーで2~3度重ね塗りを行ってください。(重ね塗りの場合は、塗布したプライマーの溶剤を揮発させてから重ね塗りを行ってください。)ハケや周囲に付着したプライマーは乾燥する前にメチルエチルケトンやラッカーシンナーなどの有機溶剤で除去してください。
    4、プライマー塗布量は面の材質、表面状態により必要な塗布量は異なりますが、凹凸面の場合、3~5㎡/L、平滑面の場合、8~15㎡/L程度です。
      ※プライマーのはみ出しを防ぐために、予めプライマー塗布面(3M™ セーフティ・ウォーク™ すべり止めテープ施工部の外周部より数mm広めに塗布されることをおすすめします)にマスキングテープを張ると、きれいに仕上がります。
    5、プライマー塗布後は溶剤成分の乾燥が必要です。乾燥時間は施工時の温度、湿度、塗布量、被着体の表面性などによって異なりますが、通常15分~1時間程度乾燥後、3M™ セーフティ・ウォーク™ すべり止めテープを貼り付けます。乾燥中はプライマー塗布面にホコリや汚れ、水分などが付着しないように注意してください。
      ※製品パッケージ記載のプライマー乾燥時間と異なりますので、ご注意ください。
      ※塗布前にマスキングテープを貼り付けた場合はプライマーが乾燥する前に剥がした方が接着剤の糸引きが無く剥がせます。
    6、十分に位置合わせしてから、ゴムローラー、ゴムハンマー等を使用して貼り付けます。
    7、色が黄色のため3M™ セーフティ・ウォーク™ すべり止めテープ タイプF(クリア)の施工にはおすすめしません。

Follow Us
地域を変更する
日本 - 日本語