研削作業

研削作業は金属加工に不可欠な工程であり、3Mでは研削作業に必要な豊富な種類の最先端の製品を揃えています。
3Mのオフセット砥石、研磨ベルト、ファイバーディスク、フラップディスクは、溶接ビード除去、面取り、端部のバリ取り、表面仕上げなどの作業をよりスピーディーに、そして安定した仕上げ品質を実現します。
3Mの業界をリードする研磨テクノロジーをご覧いただき、お客様の研削作業に相応しい製品をお選びください。


研削作業

研削作業

3Mの研削スピードに優れ耐久性の高い製品が、日々の皆様の作業を改善します。
3Mのおすすめする製品のサンプル依頼は下記よりお申込みください。

サンプル請求はこちら

主な研削作業

  • 溶接後多くの場合、溶接ビードを除去し表面を滑らかにする必要があります。これらの作業には、3M™ キュービトロン™Ⅱ ファイバーディスク、フラップディスク、またはオフセット砥石を使用することをお勧めします。これらの製品は溶接ビードを速く除去し、平滑で均一な表面の仕上げを実現することが出来ます。

  • 面取り作業は、溶接前にワークピースのエッジを成形するために行われます。ファイバーディスク、フラップディスク、オフセット砥石、研磨ベルトを使用して行うことが可能です。3Mの金属加工用研磨材製品は、あらゆる金属部品の面取りやバリ取りに効果を発揮します。

  • 精度が求められる場合は、3M™ 精密研削砥石をご提案いたします。センターレス研削、クリープフィード、表面研削、ギヤ研削など、精密研削プロセスをサポートしお客様の作業効率改善のお手伝いをさせていただきます。


研削作業のヒント

研削作業は一見単純なものにみえますが、正しく行うことで作業時間やコストをより抑えることが可能です。お客様の研削作業をサポートするいくつかのヒントをご紹介します。

  • ワークの材質によって適した製品とは?

    金属は材質によって特性が異なるため、研磨材も材質に応じて選ぶことが重要です。
    一般鋼(炭素鋼)には、3M™ キュービトロン™Ⅱ ファイバーディスク 982Cを、ステンレスには3M™ キュービトロン™Ⅱ ファイバーディスク 987Cをお勧めします。
    どちらも圧倒的な研削スピードと表面の均一な仕上がりを実現しますが、3M™ キュービトロン™Ⅱ ファイバーディスク 987Cには快削材が配合されているため、発熱を抑制しワークが焼けにくいという特徴を合わせ持ちます。
    高い耐久性と優れた寿命をお求めの場合は、3M™ キュービトロン™Ⅱ オフセット砥石が最適です。

  • 研削時の正しい接触角度とは?

    溶接部分を研削するときは、溶接部分と研磨材の角度を正確に保つことが重要です。ホイールを平らに保持しすぎると、ホイールが薄くなり、安全上のリスクが生じる可能性があります。
    フラップディスクは、約30度の角度で使用することをお勧めします。ファイバーディスクで研削する場合、最適な研削角度は約10度です。オフセット砥石を使用する場合、約30度の角度で研削するのが最適です。その角度で研削すると、ホイールの摩耗に応じて直径が減少します。


お問い合わせ

お客様の用途に最適な工業用研磨材製品を選定するお手伝いをさせていただきます。製品情報やカタログ・サンプルのご要望など、お気軽にお問合せください。


素敵グッズ特典付き!3M™ 研磨材メールマガジン

素敵グッズ交換特典付き!
3M™ 研磨材メールマガジン

新規登録はこちら