webLoaded = "false" Loadclientside=No
ジルコニア修復の支台歯形成(前歯部)

ジルコニア修復の支台歯形成(前歯部)

webLoaded = "false" Loadclientside=No

補綴修復を成功に導く鍵の1つは支台歯形成です。
ジルコニアやセラミックス補綴物の支台歯形成はPFMの場合と異なる点があります。
その違いや形成のポイントを見ていきましょう。

webLoaded = "false"
  • ジルコニア修復の支台歯形成(前歯部)症例写真 1

    術前
    患者の主訴は、左上1番を両隣在歯のPFMにシェードを合わせて欲しいという審美的要求。ジルコニアで修復することとした。

  • ジルコニア修復の支台歯形成(前歯部)症例写真 2

    歯質の削除量は、そのセラミックス指定のクリアランスと、X線、CTなどによる診断結果に基づいて決定しなければならない。
    この症例では、唇面中央部に1mm、歯頚部に0.7mmのクリアランスを確保するため、長さ1.5mmのカーバイドバーを用いて、唇面中央、近遠心のラインアングルに3ヵ所、ガイドホールを付ける。ガイドホールの深さは、クリアランスの厚みにする。バー切削部の長さをガイドにするとよい。クリアランスは補綴物の材質によって異なるので、注意が必要。

  • ジルコニア修復の支台歯形成(前歯部)症例写真 3

    切端部にも同様にガイドグルーブを付ける、ジルコニアの場合、切端部には1.5mm以上のクリアランスが必要。

webLoaded = "false"
  • ジルコニア修復の支台歯形成(前歯部)症例写真 4

    ラインアングル部のガイドホール部周辺から、ダイヤモンドバーを用いて唇面の歯質を削除する。隣接部分は削除せず、最後まで残しておく。

  • ジルコニア修復の支台歯形成(前歯部)症例写真 5

    切端部はガイドグルーブの深さで歯質を削除し、唇面も同様にガイドホールが消えるまで 歯質を削除する。

  •  ジルコニア修復の支台歯形成(前歯部)症例写真 6

    歯質の削除状態を切端側から確認しながら進めることが重要。口蓋側の場合も同様。

webLoaded = "false"
  • ジルコニア修復の支台歯形成(前歯部)症例写真 7

    唇側の形成がおおよそ終わった時点で、口蓋側の形成に移る。唇側と同様にカーバイドバーを用いて、基底結節部に3ヵ所、唇側中央部に1ヵ所のガイドホールを開ける。

  •  ジルコニア修復の支台歯形成(前歯部)症例写真 8

    口蓋側は8番のラウンドバーを用いて、唇側と同じようにガイドホールが消えるまで歯質を削除する。メーカーが指示するクリアランスを守ることが大切。

  •  ジルコニア修復の支台歯形成(前歯部)症例写真 9

    口蓋側の形成が終了したら、残っていた隣接面の削除に移る。

webLoaded = "false"
  • ジルコニア修復の支台歯形成(前歯部)症例写真 10

    コンタクト部分を削除し、引き続き歯頚部の形成に入る。ダイヤモンドバーを滑らせるように動かし、マージン部分は1mm幅のシャンファーに形成する。

  •  ジルコニア修復の支台歯形成(前歯部)症例写真 11

    ダイヤモンドバーをフェザータッチで操作し、支台歯に鋭角的な部分がないよう、滑らかに仕上げていく。

  •  ジルコニア修復の支台歯形成(前歯部)症例写真 12

    唇側の形成が終了したら口蓋側に移る。ダイヤモンドバーをフェザータッチで滑らせ、マージン部は唇側と同じ1mm幅のシャンファーに形成する。

webLoaded = "false"
  • ジルコニア修復の支台歯形成(前歯部)症例写真 13

    アンダーカットがないこと、鋭角的な部分がないこと、滑らかな面に仕上がっていることを確認する。

  • ジルコニア修復の支台歯形成(前歯部)症例写真 14

    切端側からも同様に、アンダーカットがないこと、鋭角的な部分がないこと、滑らかな面に仕上がっていることを確認する。

  • ジルコニア修復の支台歯形成(前歯部)症例写真 15

    形成終了。

    写真提供 : 椙岡 宣好 先生(金沢市ご開業)


形成のポイントや部位毎のクリアランスについては「Lava™ フレームご発注の手引き」を参照ください。


Follow Us
地域を変更する
日本 - 日本語