webLoaded = "false" Loadclientside=No

確実な接着のための五か条

webLoaded = "false"
  • どんなに優れた接着材でも、その能力を最大限に引き出す使い方をしないと、性能を発揮することができません。そこで、冨士谷盛興先生が考えた「確実な接着のための五か条」(下記)を、参考にしていただきたいと思います。

確実な接着の五か条

液を処理直前に用意する。
1滴分は必ず用意する。
窩洞全体にたっぷり塗るか、新しい液を何度か塗り直す。

たっぷり塗ることで、1液でのエッチング+プライミングがムラなく十分に行われ、同時にボンディング成分も浸透するので、接着の確実性が増します。

エアブローは5秒以上しっかりと。

波を打っていたボンディング材が動かなくなるまで水と溶剤を飛散させることが決め手。

フロアブルライニングは必須。

コンポジットレジンの重合収縮に対応するために必須です。

webLoaded = "false" Loadclientside=No

考案:冨士谷 盛興 先生(愛知学院大学歯学部 保存修復学講座 准教授 審美歯科外来科長)

販売名:スコッチボンド ユニバーサル アドヒーシブ  認証番号:224AKBZX00054000

Follow Us
地域を変更する
日本 - 日本語