警告

警告

無効な構成が見つかりました。 管理者にお問い合わせください。

 
  • 必要事項をご入力の上、送信ボタンを押してください。
















  •  
    • 3Mは、皆様のプライバシーを尊重します。3Mおよび3Mの委託先である第三者は、当社の個人情報取り扱い方針およびプライバシーポリシーに従い、皆様から提供された情報を使用してプロモーションや製品情報・サービスの提供を含むコミュニケーションを行う場合があります。これらの情報は、米国内のサーバーに保存される可能性があることをご了承ください。この個人情報の使用に同意されない場合は、本システムをご利用にならないでください。
  • 送信

スクールゾーン

より安全なスクールゾーンのための説得力のある議論

世界中のコミュニティで、交通事故による死者や重傷をなくすことへの取り組みがなされています。子どもたちは、道路利用者の中でも特に弱い立場にあり、特別な保護を必要とし、またそれに値する存在です。

Blue mesh banner

スクールゾーンの視認性を高めることで、子どもたちの安全性を向上させます。

お問い合わせはこちら

スクールゾーンの安全性の促進

世界的な都市化により、スクールゾーンを含む狭い範囲での交通量が増加しています。そのため、子どもたちの登下校時の安全確保などの課題があります。このような課題を解決するためには、スクールゾーンやその周辺、さらには子どもたちが通るルートでの歩行や自転車の問題に取り組む必要があります。

子どもたちの安全を守るために3Mのテクノロジーがどのように活用されているのか、3か国の事例をご紹介します。

  • 山のある街で、子供たちは蛍光灯の安全ベストを着て大人の指示で通りを渡ります。

    韓国のYellow Carpetプログラムは、子供たちが通学路で安全に過ごせるように指導するとともに、ドライバーからの視認性を高めることを目的としたスクールゾーンの安全対策です。

  • 蛍光標識シート付きの交通標識には、「SCHOOLZONE220m」と書かれています。

    インドのYoung Change Agents for Road Safetyプログラムは、子供たちが道路で安全に過ごせるように教育し、実行できるようにするスクールゾーンの安全プロジェクトです。

  • 安全ベストを着た学童は、スクールゾーンの安全標識を持った大人と横断歩道を渡ります。

    中国のSchool Zone Safetyプログラムは、子供たちを教育し、身の回りの道路で安全を確保するための取り組みです。