CHAT

道路標識


  • 道路標識の表面をご覧になったことはありますか?
  • 道路標識の表面をご覧になったことはありますか?

    道路標識は昼夜を問わず見える必要があるため、再帰性反射という技術が表面に施されています。


再帰性反射について
  • 反射の原理
    反射の原理
    反射とは?

    光学的な反射の定義としては、拡散反射、鏡面反射、再帰反射の3種類に分類されます。このうち反射シートに用いられているのは再帰性反射です。

    • 乱反射:通常ものを見る場合の反射機構で、物体に当たった光はあらゆる方向に拡散反射する。
    • 鏡面反射:物体に当たった光は入射角に等しい出射角で反射する
    • 再帰性反射:特殊な反射で、入射した光が光源方向に反射する。
  • 入射角について
    入射角について
    入射角とは?

    入射角とは反射シート面に垂直に交わる線(法線)に対して投光器からの光が入って来る角度のことを言います。実際の道路上ではドライバーに対して道路標識がどのくらい斜めになっているかを表していると考えてください。

  • 観測角について
    観測角について
    観測角とは?

    実際の道路上で言えば自動車のヘッドライトの光が道路標識に当たり、その光がドライバーの目に帰って来る、この時の光の作り出す角度のことです。

    反射シートは光源に向かって光を反射する性質(再帰性反射)を持っていますので、観測角が小さいほど明るく、逆に観測角が大きいほど暗くなります。夜間のドライバーの目がヘッドライトに近いほど標識が明るく見えるのはこのためです。


反射シートの種類

カタログはこちら

道路標識用反射シートの諸性能は「道路標識ハンドブック」に準拠しています

  • 3M™ ダイヤモンドグレード™ DG3 超高輝度反射シート 広角プリズム型(フルキューブ)
    3M™ ダイヤモンドグレード™ DG3 超高輝度反射シート 広角プリズム型(フルキューブ)

    3M™ ダイヤモンドグレード™ DG3 超高輝度反射シート 広角プリズム型(フルキューブ)

    • フルキューブコーナーによる夜間の視認性・判読性に優れます
    • 道路標識を判読する距離で性能を発揮する設計です。
    • 耐候性に優れ、長期間視認性を維持します
    • 12年間屋外で使用した後でも初期性能の50%以上の反射性能を保持します
  • 3M™ ハイ・インテンシティグレード プリズム型高輝度反射シート
    3M™ ハイ・インテンシティグレード プリズム型高輝度反射シート

    3M™ ハイ・インテンシティグレード プリズム型高輝度反射シート

    • 10年間屋外で使用した後でも初期性能の80%以上の反射性能を保有します
  • 3M™ エンジニアグレード プリズム型普通反射シート
    3M™ エンジニアグレード プリズム型普通反射シート
    • 5年間屋外で使用した後でも初期性能の80%以上の反射性能を保有します

蛍光色の効果と原理
  • 霧発生時の視認性比較

    蛍光色の見えやすさとは
    蛍光色の効果

    薄暮時などヘッドライトをつけるかつけないか迷うような時間帯に高い視認性を発揮します。また霧発生時にも通常の色よりも視認性が高くなります。この画像は霧発生時の視認性比較です。

  • 蛍光色の原理

    蛍光色はなぜ見やすいのか
    蛍光色の原理

    スペクトル(波長成分)の中で人の見える範囲が可視光線です。物体はスペクトルの大部分を吸収し、一部分が反射して色として見えます。これが可視スペクトルです。蛍光物質は短い波長を吸収し、放出される長波長が基本の色素に同調し、発色が際立ちます。


3M™道路標識輝度測定システムとは?
  • 3M™ 道路標識輝度測定システムとは?

    3M™道路標識輝度測定システムは、道路標識の視認性を簡単に測定判断し、劣化度の判断や更新計画策定に活用できるシステムです。
    走行しながら夜間の道路標識を撮影し、専用ソフトで画像を輝度解析します。


道路標識の様式(案内標識)
道路標識の様式 ・案内標識
道路標識の様式(警戒標識・規制標識・指示標識・補助標識)
道路標識の様式 ・警戒標識・規制標識・指示標識・補助標識
Close