webLoaded = "false" Loadclientside=No
3M™ スコッチティント™ ウインドウフィルム 防犯性能について
3M™ スコッチティント™ ウインドウフィルム

防犯性能について

webLoaded = "false" Loadclientside=No

住宅への侵入の手口で最も多いのが「ガラス破り」。「ガラス破り」による侵入被害は、被害を受けた戸建て住宅の約7割に達しています。
3Mの防犯フィルムは、「防犯性能の高い建物部品目録」に掲載されている、破られにくい特殊な構造を持つフィルムです。住宅への侵入の手口で多いのが「ガラス破り」の手口で、ガラスを割り、手を入れてクレッセント錠を回し進入します。防犯フィルムを貼付することで、ガラスは割られても強靭なフィルムが侵入犯から窓をガードします。(フィルムの防犯性能とは侵入にかかる時間を長引かせる効果で、完全な侵入阻止を保証するものではありません。)
戸建て住宅やマンション、ビルの一階、店舗・飲食店などに貼付をおすすめします。

防犯フィルムについてより詳細な情報をご希望の方はこちらをご覧ください。

ガラスフィルム 防犯グラフ

webLoaded = "false" Loadclientside=No
webLoaded = "false" Loadclientside=No

防犯フィルム適合製品を施工した場合、CPマークの貼付に関して、日本ウインドウ・フィルム工業会は付帯条件を規定しています。

見本帳の別冊「防犯性能」の部分を必ずご確認ください。


webLoaded = "false"

防犯製品一覧

Follow Us
地域を変更する
日本 - 日本語