webLoaded = "false" Loadclientside=No

熱割れ・省エネ計算

 
熱割れ、省エネ計算には、ID/パスワードが必要になります。登録がまだの方は、新規登録をお願いいたします。

※新規ユーザー登録ができない方はこちら

新規ユーザー登録

熱割れ計算ページログイン

 

省エネ計算ページログイン

 

webLoaded = "false"

ガラスの熱割れとは

  • 熱割れイメージ

    ガラスが直射日光を受けると、日射熱によってあたためられた部分が膨張します。
    一方、ガラス周辺のサッシに埋め込められた部分や影の部分はあまり温度が上昇しません。
    あたためられた部分が次第に膨張していくのに対し、周辺部や影の部分にはあまり変化がないので、周辺部付近に引張応力が発生します(熱応力)。ガラスフィルムを貼付するとガラスの日射熱吸収率が高まり、サッシ埋め込み部分などのガラス周辺部との温度差が大きくなりやすくなります。
    そのために、熱割れが発生する可能性が高くなります。特に、直射日光を多く受ける部分に日射熱吸収率の高いフィルムを貼ろうとする場合には、様々な要因を検討して熱割れを回避する必要があります。

    ※熱割れは、冬の晴れた日の午前中に起こりやすくなります。サッシ周辺が冷え切っているのにガラス面は日射を十分に受けて温度が上昇するので、大きな温度差が生じて熱応力も大きくなるからです。

webLoaded = "false"

webLoaded = "false"

熱割れ計算サービスとは

すべての3M™ スコッチティント™ ウインドウフィルムと3M™ ファサラ™ ガラスフィルムを対象に、ガラス開口部の部位ごとに熱割れが発生有無を計算によって判定します。施工可能な製品を一覧でご確認いただけます。
※ガラスに発生する熱応力を計算によって推定し、ガラスのエッジ部の許容強度との比較で熱割れが起きるかどうかを判定します。計算結果はあくまで目安であり、保証は一切いたしませんので、予めご了承ください。
 

  • 熱割れの可能性がある状態

    熱割れの可能性がある状態

    熱応用力がガラスエッジ部の許容強度を上回る

  • フィルムの施工が可能な状態

    フィルムの施工が可能な状態

    熱応用力がガラスエッジ部の許容強度を下回る

※熱線反射ガラスへの施工について
熱線反射ガラスの反射膜面へのフィルムの施工をご検討されている場合は、弊社までお問い合わせください。
※高性能熱線反射ガラスの反射膜面へのフィルムの施工は、フィルムの貼り剥がしの際に反射膜が剥離する可能性があります。

 

熱割れ計算ページログイン

ウィンドウフィルムの注意点

省エネ計算サービス

3Mのガラスフィルムによる省エネ効果とは

日照調整対策をしていない環境では、日射熱の影響を受けやすい窓際の温度は、室内の中央付近の温度より8〜 12℃も高くなります。
そのため冷房の効果が室内に均等に行きわたりにくく、温度ムラの原因となります。

3M™ スコッチティント™ ウインドウフィルム 日射調整シリーズ、3M™ スコッチティント™ ウインドウフィルム マルチレイヤー Nanoシリーズは、日射熱を遮蔽して窓際の温度を5度〜6度も下げることができ、室内の温度環境を均一な状態に近づけます。
また、窓際の温度が下がることで空調温度を高く設定できるので、空調負荷が低減し、省エネできることがわかります。

3M™ スコッチティント™ ウインドウフィルム LOW-E 70など断熱フィルムは、断熱性能も向上させます。冷房負荷だけでなく、暖房負荷も軽減できるため、冬期の省エネルギーにも効果を発揮します。

省エネ計算ページログイン

ウィンドウフィルムの注意点

webLoaded = "false" Loadclientside=No
見本帳・サンプルのご請求
見本帳・サンプルのご請求

3M™ ファサラ™ ガラスフィルムと3M™ スコッチティント™ ウィンドウフィルムの見本帳、尺角サンプルをご請求いただけます。

サンプル請求はこちら
Follow Us
地域を変更する
日本 - 日本語