飛散防止 | ガラスフィルム
  • 見本帳のご請求

  • 見本帳PDFを見る

  • 製品検索・サンプル請求

  • 施工事例のご紹介

全製品についている!ガラスフィルムの飛散防止機能とは?

  • 飛散防止機能とは

    窓ガラスが割れてしまうと、飛び散ったガラス破片によるケガなど、様々な二次災害のリスクがあります。そのため、ガラスの安全対策は非常に重要です。飛散防止性能とは、万が一の災害時にガラスが割れても、破片の飛び散りや落下を低減する性能のことです。3Mのガラスフィルムには、デザイン系のフィルムも含め全品番に飛散防止性能がついておりますので※、フィルムを貼るだけで簡単にガラス周りの安全性を向上させることができます。

※ガラスの飛散を低減する効果について、JIS A 5759の適合フィルムは別途見本帳の機能一覧のページをご確認ください。

ガラスフィルムの飛散防止性能を動画でご紹介

透明飛散防止フィルムのご紹介

透明飛散防止フィルムは次のような特徴を持ち、飛散防止以外でも性能を発揮します。
・窓に貼るだけで簡単に安全対策が可能です
・透明なフィルムで、建物の外観を損いません
・オフィス、一般住宅、学校、病院など様々な施設でご使用いただけます
・窓ガラスから入る紫外線を99%以上カットし、お肌を紫外線から守ります
・地震の揺れを想定した試験(層間変位試験)や衝突物を想定した試験(ショットバッグ試験)で性能を確認したフィルムになっているため、安心してお使いいただけます※日本工業規格JIS A 5759適合製品

透明飛散防止フィルム製品一覧

製品番号 用途
SH2CLAR 地震の揺れによる飛散防止対策に
SH4CLAR 地震の揺れで倒れた物の衝突対策や、台風対策に(台風による衝突対策は除く)
ULTRA S800 地震・台風による衝突物・飛来物など、より高水準の安全対策に