3M™ Flexile Acoustic Material.
3M™ 音響マネジメントソリューション
お問い合わせはこちら

自動車NVHのためのサウンドソリューション

自動車設計の未来が進化し続ける中、量や品質において、音は外観や機能性と同じくらい重要になってきています。3M™では、重量を増やすことなく、自動車設計における騒音、振動、ハーシュネス(NVH)を効果的に管理できるよう、数十年にわたりサポートしてきました。そして、私たちのソリューションは市場をリードし続けています。3M™独自の高性能音響技術である3M™ Flexile Acoustic Materialは、単層でありながら多孔質粒子と微細繊維構造の相乗効果を利用して、空気伝搬音と固体伝播音の両方に効果を発揮します。当社のThinsulate™ブランドを通じて、エンジンサイドやその他の高温用途を含め、車両のほぼあらゆる場所の遮音と吸音を改善し続けています。また、当社の3M™ 拘束型制振材EDM1000シリーズは、組みつけの際の手袋汚染を防止し、貼付しやすく、従来の拘束層制振材に匹敵する性能を、半分の重量で提供します。製品にご興味をお持ちの方は、ぜひ詳細をご覧ください。

優れたデザインの音

3M™は3M™ Flexile Acoustic Materialに多くの性能を詰め込んでいます。この防音材は、吸音と遮音の両方の特性を単層で実現しました。一般的な吸音材や遮音材と比較して、当社の材料がどのように機能するかを科学的に探求しましょう。

  • 3M™ FAB0910

    • 3M™ Flexile Acoustic Material FAB0910
      1. 大きい消散音
      2. 小さい透過音
      3. 小さい反射音
    • 3M™ Flexile Acoustic Material FAB0910

      構造物を通して消散層を音波が透過するときに、到達した音エネルギーのほとんどは熱に変換されます。車内への透過音と反射されるエネルギーはわずかです。その結果、音漏れの影響を受けにくくなります。

  • 遮音

    • 一般的な遮音材
      1. 小さい消散音
      2. 小さい透過音
      3. 大きい反射音
         
    • 音波が遮音材に入射する際に、材料の通気抵抗により音のほとんどが反射されます。その結果、車内に伝わる音は限られます。


注目の製品:3M™ Flexile Acoustic Material FAB0910​

  • 3M™ Flexile Acoustic Material FAB0910 ビデオ

    単層での吸音と遮音を実現

    ビデオを見る3M™ Flexile Acoustic Material FAB0910を、他社品の雑フェルトとEVAの2つのソリューションと比較しました。この実験では、ホワイトノイズを使って、通常の用途と貫通孔が必要な用途で、当社の材料がどのように機能するかを実証しています。その結果をお聞きください。

    当社の3M™ Flexile Acoustic Material FABシリーズは、複数のNVH音響特性を非成型単層で実現しました。当社の高性能技術は、一般的な防音材よりも軽量で、吸音と遮音の両方の特性を備えており、高周波数での性能を損なうことなく、優れた中周波数(500~2000 Hz)の吸音を実現します。4.5~19.5mmの材料からなる3M™ FABシリーズ製品は、スペースが限られた用途に最適です。


関連製品

  • 自動車用制振材

    3M™拘束型制振材は、低密度に設計された独自技術のステムウェブ構造により制振性能を最適化し、より小さな部品で同等の性能を発揮します。同じ面積で比較可能な拘束型制振材の半分の重量です。ルーフやドア、トランク、フロア、リアホイールアーチ、スペアタイヤエリア、その他の凹凸な表面など、垂直位置や頭上のアプリケーションに最適です。

  • 3M™ Thinsulate™ 吸音断熱材 SFシリーズ

    Thinsulate™SFシリーズは、低中周波で優れた性能を発揮する低密度材料。エンジンアンダーカバー、フロアアンダーカバー、フェンダーライナーなどの外装用途に適用される。

  • 3M™ Thinsulate™ 吸音断熱材 TFシリーズ

    Thinsulate™TFシリーズは、空間を最適に充填するように設計されており、ピラー、トリムパネルの裏側、ヘッドライナー、インストルメントパネルの空間を充填し、不要な騒音を低減します。


ソリューション選びにサポートが必要ですか

自動車製造関連製品に関するお問い合わせはこちら。
見積依頼、サンプル依頼、ご質問など、あなたの課題についてお聞かせください。

さらに詳しく