墜落防止

B - Body Support(フルハーネス類)

全ての製品を見る

国内で取り扱いをしていない製品・ソリューションも一部含まれております。

Body Support(装着するフルハーネス製品)とは、作業者の体重を直接支え、身体を安全な体勢に維持する墜落制止用器具のことです。作業者にとって動きやすいか、体にフィットするか、使いやすいかが、作業者が長時間着用する可能性があるフルハーネスなどの製品の選定では非常に重要です。

フルハーネスは、墜落制止時にかかる荷重を肩、大腿上部、胸、骨盤に分散します。フルハーネスには、ランヤードなどのコネクタを取り付けるためのDリングが背面にあります。また、その他にも、作業者のポジショニングや作業範囲の制限、救出、はしごの昇降時に使用するためのDリングが搭載されている製品もあります。3Mのフルハーネスは墜落制止用器具の規格に適合しています。作業内容や作業環境を基にご選択ください。

高所作業においては、フルハーネス型の墜落制止用器具を使用することが原則になりました。

必要なフルハーネスについて
必要なフルハーネスについて

フルハーネス

作業者のための器具選定において、決定的に重要になるのがフルハーネスの選定です。3Mのフルハーネスは快適で安心感を得ていただくことができ、作業者の生産性にも影響します。フルハーネスは、広い用途で使用することができる汎用性の高い標準製品があります。また、特定の作業や用途で使用するためのフルハーネスもあります。

フルハーネス型の墜落制止用器具について

お気軽にお問い合わせください。

ご不明な点はございませんか?ご質問にお答えいたします。

フルハーネス

仕事に適したフルハーネスを選ぶ

  • 一般的な墜落制止
    一般的な墜落制止

    背面のDリングは墜落制止のためのもので、全てのフルハーネスに装備されています。

  • はしご昇降用のフルハーネス
    はしご昇降用のフルハーネス

    このタイプのハーネスの最大の特徴は、常設のはしご設備(垂直親綱)に接続できるフロントDリングです。

  • ワークポジショニング兼用フルハーネス
    ワークポジショニング兼用フルハーネス

    両腰部に装備されているポジショニング用Dリングに、ポジショニング用ロープを使用し身体を固定することにより、作業者が両手を使えるようになります。

  • 構造物と取り付けの種類
    コンファインドスペース(狭所作業)、救出用フルハーネス

    両肩のベルトに装備されたDリングは、垂直に引き上げる形での閉鎖・狭所空間からの救出を容易にします。

  • 構造物と取り付けの種類
    下降、懸垂用フルハーネス

    下降用ハーネスには、通常、下降制御装置と使用するフロントDリングが装備されています。懸垂、リグ用フルハーネスにも、通常、フロントDリングが装備されていますが、ポジショニング用のサイドDリングなど、他にもDリングが装備されている製品もあります。


墜落防止ABCとは:

  • A: Anchors(アンカーポイント)

    A: Anchors
    (アンカーポイント)

  • B: Body Support(フルハーネス製品)

    B: Body Support
    (フルハーネス製品)

  • C: Connectors(ランヤード製品・安全ブロック)

    C: Connectors
    (ランヤード製品・安全ブロック)

  • D: Descent and Rescue (降下と救助)

    D: Descent and Rescue
    (降下と救助)

  • F: Fall Protection for Tools(工具の落下防止器具)

    F: Fall Protection for Tools
    (工具の落下防止器具)


墜落防止ABCとは:


ご不明な点はございませんか?ご質問にお答えいたします。
ご不明な点はございませんか?ご質問にお答えいたします。

当社の経験豊富なチームが皆様の課題解決をサポートいたします。

お問合せはこちら