Close  
  • All fields are required unless indicated optional

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  • 3M takes your privacy seriously. 3M and its authorized third parties will use the information you provided in accordance with our Privacy Policy to send you communications which may include promotions, product information and service offers. Please be aware that this information may be stored on a server located in the U.S. If you do not consent to this use of your personal information, please do not use this system.

  • Submit

Thank You

Your form was submitted successfully! A 3M representative will be in touch with your shortly.

Our Apologies...

An error has occurred while submitting. Please try again.

Comprehensive Infection Prevention
アプローチ別に考える感染対策

3Mは、感染対策において今必要なソリューションを提供します。

院内の感染リスク低減に取り組み続けている医療従事者の皆さまへ

  • 2020年、これまでにないほど感染管理に関する知識が広まった一方で、リスクはまだ低減したとは言い切れません。今や手指衛生と個人用防護具の重要性は多くの医療従事者に認識されています。それでも、皆さまの業務が減ったわけではありません。毎日、院内からの電話に応答し続け、感染リスクを軽減するという課題に取り組み続けなければいけないからです。限られた時間の中でも、皆さまは安全性や有効性に優れた感染対策と、スタッフへの教育を実行しなければなりません。3Mは、昨日・今日だけでなく、明日に続く皆さまの感染対策をサポートし続けます。


感染リスクに関する3つのアプローチ

赤いホットスポットをクリックして、感染リスクに関するアプローチの詳細をご覧ください。

ヒトへの病原体の入口(侵入門戸)

ウイルス等の多様性に関わらず、一般的には、保菌者やそれらの排泄物等の感染源から病原体が人に移行し感染が広がります。

3Mは、体液等の飛散からの気道・粘膜の防御、血管内カテーテルの管理についてサポートいたします。

スタッフ教育

感染対策において、最新のガイドライン情報等をもとに院内手順を更新し、スタッフを適切にトレーニングし続けることは重要です。

3Mは、施設の課題に即したトレーニングコンテンツを提供します。

洗浄・滅菌/環境整備

感染対策において、病原体で汚染された可能性のある機器・器具・環境への対応は欠かせません。

3Mは、ハイリスクの患者ケア等で使用される機器及び器具による感染リスク低減をサポートします。

  

ヒトへの病原体の入口(侵入門戸)

ウイルス等の多様性に関わらず、一般的には、保菌者やその排泄物等の感染源から病原体が人に移行し感染が広がります。

3Mは、体液等の飛散からの気道・粘膜の防御、血管内カテーテルの管理についてサポートいたします。

  

洗浄・滅菌/環境整備

感染対策において、病原体で汚染された可能性のある機器・器具・環境への対応は欠かせません。

3Mは、患者ケア等で使用される機器及び器具による感染リスク低減をサポートします。

  

スタッフ教育

感染対策において、最新のガイドライン情報等をもとに院内手順を更新し、スタッフを適切にトレーニングし続けることは重要です。

3Mは、施設の課題に即したトレーニングコンテンツを提供します。


医療関連感染(Healthcare-associated infection:HAI)対策において、エビデンスに基づいたソリューション、ガイドライン情報、スタッフへの教育コンテンツをご提供します。

  • ヒトへの病原体の入口(侵入門戸)
  • 洗浄・消毒・滅菌/環境整備
  • スタッフ教育

Follow Us
地域を変更する
日本 - 日本語