青色の背景に車両 EV バッテリー

3M™ 熱暴走バリア材料

お問い合わせはこちら
セル上バリア材料

セル上の熱暴走連鎖への対処。

  • 熱暴走連鎖において難しいのは、様々なセルタイプや異なったお客様のデザインに対応することです。我々の蓋上のソリューションは円筒セルにおける断熱や熱間安全性への対応が可能です。

    3M™ サーマルバリア 5000シリーズは、塗布可能な軽量シリコーン材料で、セルが熱暴走した場合、難燃性で電気的熱的な絶縁層を形成することにより、暴走セルからのエネルギー伝達を減らし、隣接するセルを守ることに役立ちます。

    3M™ 難燃性材料 FRB-NT¹ は、無機ベースのハロゲンフリーの材料です。 UL 94 5VA 難燃性 (UL ファイル E65069) を備えており、さまざまな厚さが用意されており、優れた絶縁耐力の実現が可能です。

  • 稲妻付きのバッテリーアイコン
    必要な場所で実行できるように設計

    3M™ サーマルバリア TB5000は高い絶縁破壊電圧と低い熱伝導率をもった低密度材料です。この材料はセルの周辺に導入されると、熱的または電気的な絶縁性を与えるとともに、熱暴走連鎖のコントロールにも貢献します。

    3M™ FRB-NT は、優れた耐着火性、耐アークおよび耐トラッキング性能を提供します。 また寸法安定性に優れています(吸湿性が低く、高温での収縮が少ない)。 材料は、ご要求に合わせて簡単にスリット、カット、成形、ダイ カットできます。

  • チェックマーク付きのグラフアイコン
    今日のための解決策。将来のための試験。

    当社の所有する試験方法を用いると、電気自動車のバッテリーから放出される高温高圧のベントガスの作用を、高温ガスとともに微細な金属酸化物粒子を導入することで、模擬できます。 この試験によって、高温高圧化で粒子を含んだ系でも使用可能な材料の開発が可能となります。

    当社では、熱の流れや角型セルの膨張時の圧縮特性、およびパックやリッドを含む全体的な振動をよりよく理解できるよう、材料レベルの試験方法を開発しています。

  • セル間の防止材料についての免責事項

    ¹ハロゲンフリーとは、1)ハロゲン化合物が意図的に製品に添加されていない、または製品の製造プロセスで使用されていないこと、および2)存在する不純物が900ppm未満の臭素、900ppm未満の塩素、および/または総臭素および塩素が1500ppm未満であることとして定義されます。後者は、国際電気標準会議(IEC)61249-2-21規格などの特定の業界標準に規定されているレベルです。

    使用目的および制限:このページの一部の製品は、自動車の電動パワートレインバッテリーや高電圧アプリケーションを含むがこれらに限定されない特定の自動車アプリケーションで使用するように設計またはテストされていません。特定の製品の詳細については、3Mアプリケーションエンジニアにお問い合わせください。このページの製品のご使用については、当社の免責事項にご了承いただく必要があります。自動車に関する免責事項の全文はこちら(PDF、92.61KB)をご覧ください。

セル間バリア材料

セル間の熱暴走連鎖制御材料

  • 当社のコア技術であるセラミック、不織布および先端材料技術を組み合わせ、電気自動車のバッテリー構造やデザインに必要とされる強力な熱暴走連鎖に関連するソリューションをご提供します。我々のセル間材料は、圧縮性があり、高温化で安定であり様々なセルタイプに適応できます。

    3M™ サーマルランナウェイバリア 600および700シリーズは、難燃性の断熱マットであり、1200℃の温度まで寸法安定性があります。

    これらのマットは、人体に有害なファイバー材料を使用しておらず、電気的に優れた絶縁性をもち、トリガーである、発熱セルから隣のセルに熱が伝わる速度を落とすことが可能です。

  • チェックマーク付きのクリップボードアイコン
    必要な場所でパフォーマンスを発揮する設計

    3M™ サーマルランナウェイバリア 600および700シリーズは狭いスペースでも性能が出るように設計されています。薄く、圧縮性があるこちらの材料は、セルの充放電サイクル時の膨張、収縮に対して、柔軟性を維持することが可能です。

  • チェックマーク付きのグラフアイコン
    今日のための解決策。将来のための試験。

    3Mでは専門家が日夜、様々なアプリケーションやセルに対して熱連鎖対策に対して試験を続けています。我々は、高温、高圧および噴出粒子に対して耐える材料を開発しています。

蓋下またはモジュール間バリア材料

実アプリケーションにより近い熱連鎖試験の再現

  • 耐炎材料におけるフレームトーチ

    3Mでは、高温のバーナーの炎に晒す試験だけでなく、電気自動車のバッテリーの熱暴走時に見られる金属粒子を炎中より噴射する試験を行います。

    熱暴走連鎖に効果的に対処するためには、炎や圧力に耐えるだけでなく、噴出粒子にも耐え得る材料が必要とされます。

熱暴走連鎖対策としての無機物からなる紙およびボード

材料科学の長年のリーダーとして、3Mは電気自動車における熱暴走連鎖を管理するための無機紙および板材料の専門知識を提供します。非常に高温での有効性を検証するために、シミュレーションテスト方法を採用することもあります。

  • 3M™ CeQUIN™ 無機絶縁紙は、3M 製品の中でも無機含有量が最も高い紙です。 それらは主にガラス繊維とマイクロファイバー、無機フィラー、および 10% 未満の有機結合剤で構成されています。 3M™ CeQUIN™ Ⅰ およびⅡ 無機絶縁紙の高い無機含有量は、優れた熱および誘電安定性を提供します。

  • 2枚の耐炎材料
    耐炎材料

    3M™ 難燃性材料 FRB-NT は、無機ベースのハロゲンフリー1 材料です。 UL 94 5VA 難燃性 (UL ファイル E65069) を備えており、さまざまな厚さで入手でき、優れた絶縁耐力を提供します。 製品情報については3M担当者にお問い合わせください。

  • 他の耐炎紙

    電気自動車のバッテリーの蓋に取り付けられる、難燃性テープと組み合わせることができる強化無機系紙の開発を続けています。これらの紙は、優れた絶縁耐力を備えた非常に耐熱性および難燃性を持ちます。製品情報については、専門家にお問い合わせください。

  • 他の耐炎ボード

    高エネルギーバッテリーパック用に配合された当社の硬質ボード材料は、マイカに関連する潜在的な脱落の問題がなく、金属結合接着剤で使用できます。これらの材料は、成形された電気自動車のバッテリーの蓋の下に3D成形して、またはスプレーコーティングして使用できます。製品情報については、専門家にお問い合わせください。

  • フタの下およびモジュール間の防止材料についての免責事項

    ¹ハロゲンフリーとは、1)ハロゲン化合物が意図的に製品に添加されていない、または製品の製造プロセスで使用されていないこと、および2)存在する不純物が900ppm未満の臭素、900ppm未満の塩素、および/または総臭素および塩素が1500ppm未満であることとして定義されます。後者は、国際電気標準会議(IEC)61249-2-21規格などの特定の業界標準に規定されているレベルです。

    自動車用途:このページの製品の一部は工業製品と見なされ、特定の自動車用途向けに設計またはテストされていない可能性があり、一般的な自動車設計または品質システム要件に完全に準拠していない可能性があります。特定の製品の詳細については、3Mアプリケーションエンジニアにお問い合わせください。自動車に関する免責事項の全文はこちら(PDF、93 KB)をご覧ください。

    使用目的および制限:このページの一部の製品は、自動車の電動パワートレインバッテリーや高電圧アプリケーションを含むがこれらに限定されない特定の自動車アプリケーションで使用するように設計またはテストされていません。特定の製品の詳細については、3Mアプリケーションエンジニアにお問い合わせください。使用目的および制限付きに関する免責事項の全文は、こちら(PDF、96 KB)をご覧ください。


お問い合わせはこちら

3Mでは、業界のトレンドを常に把握し、次世代の電気自動車用バッテリーパック設計などのソリューションの開発を継続しています。モビリティの未来を推進するために、コラボレーションさせていただくのを楽しみにしています。

欲しいものがみつからない場合は

電動自動車(EV)バッテリーソリューションの詳細について、3Mのエキスパートにご相談ください

Close