webLoaded = "false" Loadclientside=No

進んでいますか?リスクアセスメント対策

3Mのトータルソリューションに
すべてお任せください

webLoaded = "false" Loadclientside=No

リスクアセスメントは危険を可視化し、作業場の「安心」と「安全」を確保することが可能になります。


リスクアセスメントを実施することで、 労働災害を事前に防止できます。
 

リスクアセスメントとは、職場の潜在的な危険性・有害性を見つけ出し、これを除去、低減して、労働災害を未然に防ぐための手法です。
2016年の労働安全衛生法の改正により義務化され、2018年からは対象の化学物質が672*1)物質に拡大しました。また、リスクアセスメントの結果に基づいて、労働安全衛生法令上の措置を講じる事も義務化され、指示に従わない場合や計画を実施しない場合は勧告、勧告にも従わない場合は企業名を公表されるケースもあります。

 

 

webLoaded = "false" Loadclientside=No
webLoaded = "false" Loadclientside=No

*1)新たに10物質を追加、うち1物質は既存のものと統合により計672物質

「ラベル表示・SDS交付・リスクアセスメントの対象にさらに10物質が追加されます」(厚生労働省)
https://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11200000-Roudoukijunkyoku/0000049215.pdf)をもとにスリーエム ジャパン株式会社作成

webLoaded = "false" Loadclientside=No

リスクアセスメントを正しく実施するには、専門知識や適切なツールが必要です。

 

リスクアセスメントをスムーズに進めるためには、周到な準備とリスクの測定機器、リスクを低減する防護器具、あるいはそれらを正しく使用する知識が必要です。

危険性または有害性の特定

webLoaded = "false"
  • 実施事項①有害物質の測定
    危険性又は有害性ごとのリスク見積もり

    事業場における化学物質などの気中濃度を測定し、ばく露限界値と比較する方法が推奨されています。

  • 実施事項②防毒マスクの正しい選択
    優先度の設定・リスク低減措置の検討

     

    防毒マスクには様々な種類があり、選択を間違えると事故につながる恐れがあるので注意が必要です。

  • 実施事項③防毒マスクの正しい管理
    リスクの低減措置の速やかな実施

     

    使用限度(破過)や、保管方法などに注意しながら、防毒マスクを使用します。


webLoaded = "false" Loadclientside=No

リスクアセスメント結果の周知

3Mはリスクアセスメントの手順に沿ってトータルに提案できます!

Follow Us
地域を変更する
日本 - 日本語