自動車市場向け3M™ グラスバブルズ

お問い合わせはこちら

高耐圧強度、低比重、サステナブル

燃費を向上させ、バッテリーの航続距離を伸ばす方法を模索する中で、3M™ グラスバブルズは革新を続けています。このガラス微小中空球は、長年にわたりプラスチゾルに使用されてきました。現在では、機能性や強度をできる限り維持しつつ、自動車内外装部品の密度を下げることができます。これにより、自動車の多くの部位で軽量化を実現できます。ピラートリムや中央コンソールからボンネット、フェンダー、バッテリーパック、その他多くの部品まで、3M™ グラスバブルズは材料の質量を最大45%削減できます。

パンフレットのダウンロードはこちら  自動車市場向け3M™ グラスバブルズ (英語, pdf, 615.43 KB)

アプリケーションを選択する

アプリケーションをクリックすると、ソリューションの詳細とケーススタディが表示されます。

  • 性能を維持しながら軽量化を実現。3M™ グラスバブルズは、過酷なコンパウンド工程や射出成形工程に耐え、収縮や反りに強い、安定した寸法精度と軽量のプラスチック部品を生産することができます。

  • SMC/BMCの密度を1.0g/cm3以下に低減し、寸法安定性を損なうことなく最大45%の軽量化を実現します。3M™ グラスバブルズは、自動車に使用される樹脂材料に混合でき、軽量化によって、燃費を最適化するのに役立ちます。

  • 車の性能を隅々まで高める。3M™ グラスバブルズは、ボディシーラーやアンダーボディコーティングに使用されるプラスチゾル用に特別に開発されました。クラスAの塗装が可能で、耐久性があり、低比重のコーティングを実現します。

  • 3Mのソリューションは、業界や政府の厳しい基準に準拠しながら、バッテリーの寿命と航続距離を最大化するのに役立ちます。電気自動車やハイブリッド車では、わずかな軽量化が大きな意味を持ちます。

自動車用3M™ グラスバブルズの事例と動画

自動車市場における当社の3M™ グラスバブルズの幅広い可能性について、パンフレットをダウンロードしてご覧ください。
自動車市場向け3M™ グラスバブルズ (英語, PDF, 615.43 KB)

  • 自動車市場向け3M™ グラスバブルズ
    自動車市場向け3M™ グラスバブルズ

    自動車用途における3M™ グラスバブルズのメリットについてご紹介します。

  • 自動車軽量化のための3M™ グラスバブルズ
    自動車軽量化のための3M™ グラスバブルズ

    3M™ グラスバブルズで実現できる軽量化について、軽量化以外のあらゆるメリットも合わせてご紹介します。

よくある質問(FAQ)

  • 「3M™ グラスバブルズは、中空ガラス微小球を流動性のある粉体です。ソーダ石灰ホウケイ酸ガラスで作られた3M™ グラスバブルズは、化学的に不活性で、不燃性、耐水性があります。加工に耐える強度を持ち、比重低減のために様々なポリマーに配合することができます。
    3M™ グラスバブルズは球状粒子であり、あらゆる形状の中で最も表面積対体積比が小さい粒子です。このため、フィラーを高充填することができ、樹脂の使用量を削減し、原料コストの低減ができる場合があります。また、表面積と体積の比率が低いため、高充填でも低粘度の成形が可能です。
    ガラス繊維とは異なり、標準的な3M™ グラスバブルズは表面処理が施されていませんが、用途に応じて表面処理をすると良いばあいがあります。低密度のため、質量ベースではなく、体積ベースで配合する必要があります。

  • 「3M™ グラスバブルズは、驚くほど多くの製品に添加物として使用されています。例えば、速乾性、低収縮性のスパックリングなどの建材に配合することができます。また、油井の補強用セメントを軽量化したり、水中パイプの断熱材に使用されるなど、石油採掘プロセスの改善や海底からより多くの石油を取り出すことを可能にする。また、スポーツ用品から太陽熱反射塗料に至るまで、幅広い用途で付加価値を提供している。
    自動車産業では、軽量化が重要な設計要素となっています。そのため、多くの自動車部品メーカーが3Mグラスバブルの軽量化・性能向上機能を活用しています。

    自動車用途に使用される3Mグラスバブル。
    - シートモールディングコンパウンド(SMC)
    - バルクモールディングコンパウンド(BMC)
    - 熱可塑性プラスチック射出成形品
    - 反応射出成形(RIM)
    - 強化反応射出成形(RRIM)
    - シーラント、アンダーボディコーティング、接着剤
    - 構造用発泡体
    - 軽量化ボディフィラー
    - ポッティングレジン
    - 液状遮音材(LASD)

    3M™ グラスバブルズは、お客様の用途に合わせた様々なグレードをご用意しております。どのグレードがお客様のニーズに最も適しているか、ぜひお気軽にお問い合わせください。

  • 3M™ グラスバブルズ"を使用することで、以下のような多くの利点があります。
    製造業では

    - サイクルタイムと金型圧力の削減
    - 寸法安定性の向上
    - 流動性が良いため、スプレー加工が可能
    車の中で
    - 軽量化
    - 熱膨張係数の低減
    - 熱対策
    - 誘電特性改善

    パワーエレクトロニクス、EVバッテリー、あるいは5Gコネクテッドエレクトロニクス内のアプリケーションでは、軽量化よりもこれらの他の利点の方が重要な場合があります。
    3M™ グラスバブルズは低比重の材料を作るために使用され、用途によっては最大45%の軽量化を達成できます。一般的な用途における潜在的な軽量化には、熱可塑性樹脂で最大15%、シームシーラントとアンダーボディコートで最大40%、SMCまたはBMCで最大45%などがあります。

  • 主材の特性が複合材の特性に大きく影響をあたえますが、一般にはフィラーや添加剤も大きな効果を発揮します。
    3M™ グラスバブルズは、密度、反り、収縮を減少させる一方で、弾性率、熱たわみ温度、耐スクラッチ性を向上させるなど、樹脂系に多くのプラスの影響を及ぼします。これらの充填剤は、引張強度や曲げ強度などの特性に影響を与えることがあります3Mの専門技術者が、必要な物性を維持しながら3M™ グラスバブルズの最大限の利点を得られるよう、処方をお手伝いします。

  • 軽量化のメリットは、軽量部品の輸送コスト削減など、自動車分野に明らかな影響を与えます。さらに、3M™ グラスバブルズを使用した一部のプラスチックはリサイクル可能で、バージン材料に再粉砕して添加しても、特性への影響はあまりありません。これらのプラスチックに含まれる3M™ グラスバブルズは、不活性なガラスから作られ、材料マトリックスに内包されております。廃棄方法はSDSをご参照ください。

  • 「3M™ グラスバブルズは、同質量の高密度無機フィラーに比べ、6~20倍の体積となりす。配合する際には、体積対質量パーセントの配合で考えることが非常に重要です。
    3M™ グラスバブルズを配合する際には、樹脂系、他のフィラー、最終的に必要とされる機械物性など、他にも考慮すべき要素が数多くあります。3M™ グラスバブルズは、最終材料の最適な性能を達成するために、他の充填フィラーや強化フィラーと一緒に使用されることがよくあります。
    私たちの専門技術担当者は、必要な物理的特性を維持しながら、3M™ グラスバブルズの最大限の利点を得られるように、お客様の配合設計をお手伝いします。

  • グローバルで私たちは販売と技術サポートを提供しています。ぜひホームページよりお問い合わせください。

その他のご質問はこちら
その他のご質問はこちら
お問い合わせはこちら