webLoaded = "false" Loadclientside=No

ご施設の事例 一覧


webLoaded = "false"
  • サージカルテープ剥離時の表皮剥離から皮膚を守るために

    インタビューさせていただいた方:
    昭和大学江東豊洲病院
    皮膚・排泄ケア認定看護師
    藤尾 敬子 先生

    混合病棟の診療・看護体制の中で、透析患者、がん患者のケアの質向上をめざし、院内を動かす取り組みについて、お話を伺いました。

    記事を読む

    00,11

  • 粘着性伸縮包帯を適切に選択、使用するために

    インタビューさせていただいた方:
    昭和大学横浜市北部病院
    皮膚・排泄ケア認定看護師
    山根 麗子 先生

    近年注目の集まる「テープ剥離時のスキン-テア」についての取り組みとして、どのようにテープを選択し、院内へ浸透・定着させたのか、お話を伺いました。

    記事を読む

    00,01,12

  • 高度救命救急センターにおける眼への血液・体液飛散リスクとその対策

    インタビューさせていただいた方:
    岡山大学病院 高度救命救急センター
    副看護師長 感染管理認定看護師/日本DMAT隊員
    木口 隆 先生

    限られた時間の中で迅速な処置を行う救急現場において、眼の防護の重要性と防護具装着に関わるいくつかの取り組みをお伺いしました。

    記事を読む

    02,13

  • フットケア時における眼への曝露リスクとその対策

    インタビューさせていただいた方:
    ●六甲アイランド甲南病院
    看護支援センター 副師長/皮膚・排泄ケア認定看護師
    松尾 知子 先生
    ●同病院
    看護支援センター 師長/感染管理認定看護師
    窪田 順江 先生

    糖尿病患者のフットケアでは、グラインダーを使った爪の研磨や肥厚した角質の除去が行われます。その際に発生する細かい皮膚片(粉塵)には、感染性病原体が含まれていることが多く、患者の足を至近距離で処置するフットケアには眼への曝露リスクがあります。フットケア時の眼への飛散リスクの実情と眼の防護への取り組みについて、お話いただきました。

    記事を読む

    02,13

  • 内視鏡業務における眼への体液飛散リスクとその対策

    インタビューさせていただいた方:
    ●岐阜大学医学部附属病院
    副病院長/生体支援センター長/教授
    村上 啓雄 先生
    ●同附属病院
    光学医療診療部 看護師長
    森川 秀美 先生
    ●同附属病院
    感染管理認定看護師
    土屋 麻由美 先生

    標準予防策の観点からも、内視鏡業務における眼の防護は強く求められており、スタッフの職業感染防止として取り組むべき重要な課題です。光学医療診療部での眼の防護具の着用を習慣づけるための取り組みについてお話を伺いました。

    記事を読む

    02,13

  • 中央材料室業務における眼への体液飛散リスクとその対策

    インタビューさせていただいた方:
    ●神戸大学医学部附属病院
    看護部・感染制御部 副部長/感染管理認定看護師
    八幡 眞理子 先生
    ●同附属病院
    看護師長 中央材料室
    小田 千鶴子 先生
    ●同附属病院
    看護師長(前 医療の質・安全管理部)
    廣幸 英子 先生

    中央材料室は、血液や体液が付着した器械類を取り扱うため曝露リスクがある環境です。中央材料室における防護具着用の遵守率向上とそれを支える教育体制を中心に、取り組みについてお話を伺いました。

    記事を読む

    02,13

  • 医療関連機器圧迫創傷対策

    インタビューさせていただいた方:
    北里大学看護学部 准教授
    北里大学病院 看護部
    がん看護専門看護師
    皮膚・排泄ケア認定看護師
    松原 康美 先生

    医療関連機器圧迫創傷について、日本褥瘡学会から、「組織で取り組む・アセスメント・適切な除圧」という指針が出されていますが、北里大学病院での取り組みについてお話を伺いました。

    記事を読む

    03,14

  • MDRPU対策の一考察~頚椎固定具(フィラデルフィアカラー)、ギプス、シーネのエッジ部分への対策を実践する~

    インタビューさせていただいた方:
    日本医科大学千葉北総病院
    看護師長 褥瘡管理者
    皮膚・排泄ケア認定看護師
    渡辺 光子 先生

    頚椎固定具フィラデルフィアカラーとギプス・シーネ類の2つの対策を題材に、対策のポイント・注意点・手順の統一のための研修などについて、お話を伺いました。

    記事を読む

    03,15

  • スキン-テア対策

    インタビューさせていただいた方:
    独立行政法人東京都健康長寿医療センター
    看護部 看護師長
    皮膚・排泄ケア認定看護師
    野島 陽子 先生

    スキン-テア対策の一つのポイントが医療用テープによる予防・管理などのケアです。スタッフおよび患者教育などについて、お話を伺いました。

    記事を読む

    00,11

  • 中心静脈カテーテル挿入部位への皮膜剤使用~感染対策の観点から~

    インタビューさせていただいた方:
    金沢医科大学病院 医療安全部
    感染制御室 課長
    感染管理認定看護師
    野田 洋子 先生

    中心ライン関連血流感染(CLABSI:Central line-associated bloodstream infection)は、カテーテルの挿入部位や診療科によって感染発生率が大きく異なり、またCLABSIを発症した患者さんは重症化しやすいため、徹底した感染対策が求められます。今回、カテーテル挿入部位の管理に皮膜剤を取り入れた感染対策について、お話いただきました。

    記事を読む

    04,16

  • 血液疾患におけるCRBSIゼロを目指して

    インタビューさせていただいた方:
    札幌医科大学附属病院
    腫瘍・血液内科
    井山 諭 先生

    血液疾患では、疾患特性や治療によって免疫機能が著しく低下しています。特に好中球減少期間が長い急性白血病や造血幹細胞移植においては感染症の合併リスクが非常に高く、徹底した感染対策が求められます。また、血液疾患の治療では中心静脈カテーテル(CVC)や末梢挿入型中心静脈カテーテル(PICC)の使用が必須ですが、CRBSI が重篤化しやすいため、これらを遮断するための対策を講じる必要があります。血液疾患におけるCRBSI対策について、お話いただきました。

    記事を読む

    04,17


Follow Us
地域を変更する
日本 - 日本語